(画像にマウスをドラッグしてください)
東よりみた現在の大洲城 (左下は現存の苧綿櫓) と往時の復元 (苧綿櫓の右に品川櫓、右端に水手櫓。上に本丸の多門櫓群と復元天守と現存の台所櫓)
クリックしてください
ました。
縄張図(拡大に中枢部の詳細)
: 大洲城の前身は南北朝時期、元徳3年(1331)に関東から入った宇都宮氏が築城した地獄嶽城と伝えられます。宇都宮氏が八代続いた後、天正13年1585)豊臣秀吉の四国制覇で小早川隆景が伊予に入り戸田氏が城主になります。関ヶ原合戦後は伊予国に転封した藤堂高虎の持城になり石垣を多用した改修がなされたようです(天主礎石発掘調査で発見された大型礎石はこの当時のものとも?)。慶長14年(1609)淡路から転封した脇坂安治によって再び改修整備され現在の近世城郭の姿になりました。地名も当時の「大津」から「大洲」に変更されます。元和3年(1617)加藤貞泰が転封した後は加藤氏が12代続いて明治を迎えます。 : 縄張は肱川を背にした地獄嶽と呼ばれる丘を本丸として南と西に一二三段式の曲輪を配し、本丸の背後(北と東)は険しい断崖になり兵法でいう「後堅固」の理想的な構成です。丘を削平した土地の制約から二の丸は三段に分かれ下段には政務向けの表御殿、中段には藩主居住の奥御殿が作られ、上段を経て本丸です。本丸は周縁すべてをは多聞櫓で囲い込む厳重な構えでした。本丸の西北部に複合連結式天守があがっていました。: 現在の大洲城は堀はすべて消滅していますが、丘陵の二の丸と本丸をほぼ残し、櫓も4基が現存。特に、明治まで現存していた天守が解体され後本丸に残っていた高欄櫓・台所櫓は淋しげに孤立していましたが、平成16年(2004)に天守が当時の工法で木造復元され両櫓と多聞で連結され本来の小天主としての華やかな立姿になっています。肱川に臨んで残る苧綿(おわた)櫓は往時は肱川と外堀の接点に飛び出して建つ櫓でしたが、現在は堤防上に石垣も嵩上げされて立っています。三の丸南隅櫓は城の中枢部からは離れた学校のグランド(かっての外堀)に面して忘れられたように残っています。よくこの場所で残ったものだと思わずエールを送ります。両櫓共に白漆喰壁に隅の石落部分だけが黒板張りになっており、これは大洲城の大半の櫓の特徴です。小振りな櫓にこの石落が締りを持たせ美しい立姿です。
井戸丸より本丸正面の現在と往時の復元 (正面は暗り門。門内で左に曲がり本丸に入る構造でした。右手は井戸丸唯一の櫓であった釜櫓。)

二の丸下段から本丸石垣と天守が望めます。
左手坂の左が表御殿跡です。坂を登って行くと二の丸中段、上段、本丸へとつながります
二の丸中段、裏御殿跡です。(本丸より)
現在は天守礎石展示と発掘調査パネル(下の拡大写真参照)があります
二の丸中段、裏御殿跡です。(本丸より)
当時も建物はなかったようです。
二の丸上段から本丸です。手前の井戸丸(本丸下段)と天守のあがる本丸の二段構成です。大天守とともに高欄櫓の気品ある姿が印象的です。 本丸内からみた複合連結式天守群です。現在本丸へは左の坂より入りますが、当時はそこに暗り門があり門の内部でL字に曲って本丸へ入る構造でした。 天守東手の台所櫓です。入口側の高欄櫓に比べこの櫓は大型で機能本位なシンプルな意匠です。。大洲城連結式天守は両小天守の対比もみどころです。

写真のコメントは拡大写真にあります。クリックで拡大します。 右下マークをクリックでさらに拡大。複数同時に開き、ドラッグ可。

クリックしてください
大洲城天守は初期層塔型ですが千鳥破風や唐破風を多用し単調さを避けた意匠に望楼型時代の名残を感じます。右(南)の高欄櫓と左(東)の台所櫓と連結した複合連結式も他城のような複合連結式天守とは一線を画しています。複合連結式天守の多くは大天守と小天守の意匠が統一されていますが大洲城はその調和を避けています。特に高欄櫓側に変化をみられます。高欄櫓と続多聞の白壁も下見板張であれば大天守との統一感は生まれますが面白味には欠けます。この高欄櫓と続多聞の白壁が大洲城連結式天守正面の変化に富んだ顔を創っています。
複合連結式天守
クリックしてください
本丸に至る坂道の地中の発掘調査報告です。正面に石垣の壁があり上部に存在した暗り門の内部で左に折れて本丸に入った構造がよく解ります。
暗り門発掘
クリックしてください
現在は堤防上に嵩上げされて現存する苧綿櫓です。現在は陸続きになっていますが往時は苧綿櫓の前に外堀が存在していました。
本丸からみた苧綿櫓
クリックしてください
現存する下台所(6間x6間)です。塗籠で床下が開放されています。塗籠による細部のデザインが今みても実にモダンです。。
下台所
クリックしてください
礎石発掘調査の説明です。脇坂氏以前の天守を想像します。
天守下の大型建物
クリックしてください
天守礎石の発掘説明です。
天守礎石
クリックしてください
曲輪内からみると苧綿櫓が堤防に乗っかっているようにも見えますが堤防は苧綿櫓の背を走っています。
堤防上の苧綿櫓
クリックしてください
櫓下のグランドがかっての外堀で、この角度から見ると外堀に姿を浮かべていた往時の姿がよく分かります。装飾化された下見板張の石落がこの櫓には三方に付いています。
三の丸南隅櫓
クリックしてください
櫓の裏手(曲輪側)です。小振りな櫓も近づいてみると堂々としてみえます。
南隅櫓裏


 
 年 表
住所 : 愛媛県大洲市大洲
(電車)JR予讃線伊予大洲駅から徒歩     約20分

Mapionの周辺地図こちら
城 景
クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください



: