(画像にマウスをドラッグしてください)

南西よりみた現在の今治城 (右手前が本丸、左奥が二の丸) と往時の復元 (存在の有無が確定しない天守ですが、伝承の層塔式天守を本丸中央に建てました。)
クリックしてください
縄張図(拡大で本丸と帯曲輪の詳細図)
: 今治城は築城の名手、藤堂高虎の二番目の城(一番目は宇和島城)です。関ヶ原合戦後、二十万石に加増され今治にに転封。城は慶長7年(1602)に着工し同9年(1604)に完成しました。堀に海水を引き入れる日本三大海城の一つで大規模な近世海岸平城です。広大な堀と矩形の目立つ比較的単調な曲輪、中枢部の小さいながら厳重な構えなど以降の高虎の築城に共通する特徴があります。ただ、縄張に関しては関ヶ原以降に高虎に仕えた渡辺勘兵衛のものといわれ、高虎の城は勘兵衛の特徴といえるかも知れません。天守は日本で初めての層塔式天守と伝えられ、織豊期の城郭とは異なる革新的なものでもありました。この天守は高虎が移封する伊賀上野城に移築するために解体した後、丹波亀山城の築城命令で同城へ転用したという伝承が残っています。高虎が伊賀に移った後は今治は養子の高吉が在城していました。寛永12年(1635)松平(久松)氏が入封し、明治まで続いています。
: 現在の今治城の復元は、最初に模擬天守(昭和55年)、その後、御金櫓(昭和60年)、山里櫓(平成2年)、鉄御門・武具櫓・多聞(平成16年から19年)です。見事な数の復元で築城当時の雄姿をかなり再現させています。ひとつ残念なのは天守の復元が層塔式ではなく旧式の望楼式になり、しかもやけに細身のバランスの悪い姿に作られたことです。他の櫓と共に飾り破風など一切無い天守であるはずが破風や入母屋を持つこの模擬天守は復元景観を損なっています。何もない今治城にこの天守が一番最初に建ち現れた時、今治城も俗悪な観光城になるのかと危惧されました。幸い他の建物の忠実復元でなんとか復元景観を保っています。破風飾りの無い今治城の櫓は実に端正で美しい姿です。飾り立てた城郭建築を見慣れた目には実に新鮮に映ります。
北からみた今治城 : 左手の土橋の先に鉄御門。その右手に武具櫓。右奥は山里櫓。左手奥は御金櫓。いずれも復元されたもの。
土橋の左手より : 右手に鉄御門の枡形が見えます。土橋の根元に内堀に下りる石段と袖石垣があります。


今治城のいま


拡大マーク付きはクリックで拡大します。複数同時にも開きます。写真のコメントは拡大写真にあります
クリックしてください
内堀は幅30間(約60m)もあり二の丸に渡る土橋も長大です。その片側(西側。写真では右手)だけに土塀が掛かっていました。
土橋と鉄門
クリックしてください
平成16年から19年にかけて復元された鉄門と枡形多聞櫓です。往時はここに一の門として高麗門がありました。明治期に取り壊された枡形石垣も同時に復元されています。
鉄門枡形
クリックしてください
二の丸側の鉄御門です。左手は武具櫓と続櫓で両者の間が狭い枡形をなしています。グリーンコーンはちょっとつや消しですが。。。
鉄門と武具櫓
クリックしてください
二の丸御殿跡から鉄御門多聞をみます。往時はこの多聞と二の丸御殿の間に仕切り塀があり二の丸が東西に分かれていました。。
二の丸跡広場から鉄門多聞
クリックしてください
鉄門復元と同時期(平成16年から19年)に復元された武具櫓と東西多聞です。武具櫓二階の三ヶ所の突上戸の中央下は石火矢(大砲)用の狭間で大変珍しいものです。破風飾りの無い櫓に変化を持たせています。
武具櫓と模擬天守
クリックしてください
昭和60年に復元された御金櫓です。基本的に今治城の櫓はすべて同型です。
御金櫓
クリックしてください
一層目の壁上部にある風通し穴が珍しいですね(土蔵の意匠ではよくみられます)。曲輪内部からみた飾り気のないひっそりとした櫓のた佇まいはいいものです。
二の丸より御金櫓
クリックしてください
本丸跡には現在神社と模擬天守(昭和55年、市政60周年の記念建造)が所狭しと建っています。
本丸跡
クリックしてください
この模擬門のあたりにかっての本丸御門があります。 。
本丸御門跡
東からみた今治城 : 中央は御金櫓、その後方に模擬天守。広大な内堀です。
クリックしてください
平成2年の市政70周年記念事業に復元された山里櫓と山里門(二の丸裏門)です。
山里櫓と山里門
クリックしてください
往時はこの門を右手に曲がって二の丸に入ります。左の建物は本丸にある神社の社務所。
山里門と山里櫓(二の丸より)
クリックしてください
復元ながら趣があります。
山里櫓の付多聞
クリックしてください
高虎特有の広大な堀です。犬走があるためか石垣が堀に浮かんでいるようです
南よりみた本丸


 
 年 表
住所 : 愛媛県今治市
(電車)JR予讃線今治駅から徒歩20分

Mapionの周辺地図こちら

城 景
クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください
クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください クリックしてください






: