現在の本丸(本丸に建つのは福井県庁)と創建時の復元
 
(画像にマウスをドラッグしてください)

クリックしてください
往時の堀と曲輪の様子です。福井市内の名所旧跡も細かく記されてます。
本丸図(拡大に広域縄張図)
: 福井城は柴田勝家の築いた北ノ庄城が始まりです。朝倉氏の滅亡後、越前国北ノ庄を与えられた柴田勝家が、天正3年(1575年)に築城を始め「北ノ庄城」と名付けました。同11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いで勝家が敗れ、北ノ庄城は炎上し柴田家は滅びます。その後、慶長5年(1600)に家康の次男である結城秀康が福井藩主(68万石)として入封し翌1601年より築城を開始しますが、1604年に秀康が松平氏を名乗ることを許されたため、名実共に御家門の居城にふさわしい城となるよう、全国諸大名の御手伝普請で約6年の歳月をかけ城域は2km四方にも渡る全国屈指の規模になる福井城が完成しました。 : 全体は三重の堀で囲んだ典型的な輪郭式で枡形虎口と馬出を多用して複雑な曲輪群の構成になっています。本丸北西に天守曲輪のような石垣段があり、そこには四重五階の大天守があがっていた大天守台と小天守台が残っています。大天守のみ図面資料は残っていますが、石垣形状から推測すると大天守には付櫓があったようで、小天守もあがっていたとすると堂々たる天守群の景観だったろうと思われます。トップの復元図はそんな視点で創りました。この天守は寛永9年(1669)の大火災で焼失しています。それまで本丸東南にあった二層の巽櫓は天守焼失後、改修されて三層になり以後天守の代用を勤めました。下の巽櫓復元図は天守焼失後の復元です。 : 現在の福井城跡は本丸と内堀しか残っていませんが、内堀の幅は広大で堂々たる石垣とともに往時の姿を十分に想像できます。ただ、、本丸跡に建つ異様ともいえる県庁や警察本部の建築群には閉口します。史跡保存に真摯に取り組むべきところが。。
現在の本丸南西方向と往時の復元。正面は巽櫓。左奥が大手口と御本城橋です。


福井城のいま



写真のコメントは拡大に載せています
クリックしてください
右手が御本城橋と本丸大手口(瓦御門)跡です。
本丸西南方向
クリックしてください
橋詰の低い石垣に高麗門があり、その右手に瓦御門がありました。。
本丸大手口
クリックしてください
往時はこの上に大手枡形の多聞櫓が右に伸びていましたが、右手枡形の石垣は撤去されています。
大手枡形石垣
クリックしてください
瓦御門を通り抜けた右手にある雁木です。本丸多聞櫓や枡形多聞櫓に向かうものです。
瓦御門裏手の雁木
クリックしてください
現在、地上から多聞櫓跡の石垣まで遊歩道になっていて、石垣上の先端から大手枡形の面影を見ることが出来ます。。
瓦御門跡
クリックしてください
隅石垣の上部が写真のように凹加工されているのを見るのは珍しいことです。櫓の柱がガッシリと乗っていた様子が想像できます。。
隅石垣の加工
クリックしてください
天守焼失後はその代用を勤めた巽櫓台です。古写真で往時の姿を見れますが、唐破風と千鳥破風を多用した天守代用にふさわしい端正で美しい櫓です。戦災で惜しくも焼失です。急勾配の石段がいいですね。
巽櫓跡
クリックしてください
福井城内堀の外側に隣接する民家はすべてセットバックされていて写真のように遊歩道のようになっています。城ファンには嬉しい設計です。内堀のこの東面が一番幅が広く大城であったのを感じさせてくれます。石垣左手奥が巽櫓跡です。
内堀
クリックしてください
天守曲輪台とも呼べそうな石垣(帯曲輪)でここを登ると大、小天守台があります。
天守台石垣
クリックしてください
北ノ庄から福井に改名なった由来の「福の井」。小天守台の右奥にあります。
福の井
クリックしてください
昭和23年の福井大地震での崩壊の様がリアルに残っています。。
小天守台
クリックしてください
切石の四角い石が整然と並ぶ美しい石垣面です。。
大天守台
クリックしてください
現在は天守台上に盛り土がされており穴蔵があったのかどうか?。
大天守台入口
クリックしてください
天守台跡はいたる所に福井大地震の傷跡が見受けられます。。
大天守台から入口と小天守台
クリックしてください
手前が付櫓?らしき跡と奥が大天守跡です。その境界の石垣が地震で大きく陥没しています。
大天守台上
クリックしてください
これは左手の写真と逆方向からのものです。奥が付櫓跡?。
大天守台南
クリックしてください
この石垣の右手が山里口御門跡です。正面の雁木に力感があっていいですね。
山里口御門脇の石垣
クリックしてください
手前の低い石垣横に高麗門、奥に山里口御門がありました。
山里口御門跡
クリックしてください
近年に復元された廊下橋です。
復元の廊下橋正面
クリックしてください
廊下橋と右手に山里口御門跡の石垣。各地の城で廊下橋は見られますが、このデザインは平和で穏やかなものを感じます。
廊下橋
クリックしてください
本丸北側の搦手口でこの土橋を渡って右に折れると北不明門跡です。
本丸搦手口
 
 年 表
住所 : 福井市大手
(電車)JR北陸本線福井駅から徒歩5分

Mapionの周辺地図こちら


: