現在の復原天守と創建時の復元(天守曲輪の天守と後方に塩櫓と玉櫓)
 
(画像にマウスをドラッグしてください)
 年 表
: 福山城は江戸時代初期、元和偃武の後に建造された近世城郭で最も新しい城である。元和5年(1619年)、関ヶ原の戦い以降備後・安芸の二国を治めていた福島正則が改易されたことから、 徳川家康の従兄弟である水野勝成が毛利氏など西日本の有力外様大名に対する抑えとして備後国東南部と備中国西南部の計10万石を与えられ、郡山藩から転封する。当初は神辺城に入ったが、やや内陸すぎることなどから、一国一城令が徹底されていたこの時期としては異例の新規築城が行われることになった。 築城の用材には福山城の築城に伴い廃城となった神辺城や、幕府より下賜された伏見城の遺材も多く用いられた。この時、伏見城から移築された建造物としては伏見櫓や月見櫓、御殿(伏見御殿)、御風呂屋(御湯殿)、鉄御門、追手御門、多聞櫓などがある。5重の天守や三重櫓7基をはじめ20以上を数える櫓など福山城は10万石の城としては破格の巨城だった。 : 水野勝成の後4代続くが元禄11年(1698)5代藩主水野勝岑の早世で無嗣除封となり、福山藩は一時的に天領とされる。元禄13年(1700)、出羽山形藩より松平忠雅が入封する。しかし、忠雅は10年後の宝永7年(1710)に再び伊勢桑名藩に移封となり、同年、阿部正邦が下野宇都宮藩より10万石で入封し以後十代続いて明治を迎える。 : 福山城は幕末に戦闘を経験している。第二次長州征伐に参加し完敗した福山藩は兵を引き揚げたあと幕末の動乱を傍観していたが、第二次長州征伐から3年後の慶応4年(1868)1月9日王政復古により徳川譜代の福山藩を朝敵と見なした新政府軍(長州軍)は備後国へ侵攻し福山城を攻撃をした。城下での戦いでは福山藩の反撃により新政府軍の藩兵3名が戦死したが、福山藩首脳らの奔走により新政府軍が本格的な攻撃を開始する前に福山藩は恭順を許されることになった。これにより城下は戦火から守られたという。



福山城のいま



写真のコメントは拡大に載せています
クリックしてください
縄張図 
[左赤破線] JRホーム下に残る西御門枡形の一部と櫓台
 [右下赤破線] 近年に発掘され保存論争が起きている外堀の水門と櫓台跡
クリックしてください
伏見櫓は初層と2層目が総二階造の長方形櫓の上に独立した構造の小さな望楼部を乗せた望楼型櫓。慶長初期の建築様式を残しています。元和6年(1620年)に伏見城松の丸の東櫓を移築。そのドッシリとしたマス感と白漆喰総塗籠で長押形を出している古式な感じがいいですね。
伏見櫓みあげ
クリックしてください
本丸大手口枡形状の坂です。左手に伏見櫓、右手が筋鉄門。
本丸大手口
クリックしてください
力感のある南面に比べ西面妻側の伏見櫓は繊細な美しさを見せます。
伏見櫓西面
クリックしてください
本丸の正門で伏見櫓と共に戦災で生き残った門。「筋鉄」の名称通り扉や門柱に筋状の鉄板が打ち付けられている。
筋鉄門
クリックしてください
本丸側には窓のひとつもない。左手に多聞櫓に見せかけた空洞の建物(舞台の大道具を連想します)。
筋鉄門[本丸側)
クリックしてください
伏見櫓、筋鉄門説明
クリックしてください
本丸南西部には左右の多聞櫓の先に大型の伏見櫓がせり出しています。
伏見櫓前
クリックしてください
近くで見ると本当に堂々とした櫓です。本丸側一層目の壁面の柱だけ白木なのは何か意図があるのでしょうか?。
伏見櫓本丸側
クリックしてください
往時は鐘突堂と呼ばれ御台所門と火打櫓とを結ぶ多聞櫓(枡形門)に設置された鐘楼だった。また、初期の絵図では鐘撞堂の姿が描かれておらず当初から本丸にあったのか定かではない。“鐘櫓”となったのは廃城後に周囲の多聞櫓が取り壊される中で鐘撞堂の周囲のみが残され単独で建つ姿となってからで、L字型の構造を持つのもこうした経緯のため。全国的にも珍しい遺構です。
鐘楼
クリックしてください
本丸の西側にあった渡櫓門で内枡形状の虎口を持っていた。雑魚(じゃこの)門、馬出門とも言われる。本丸の通用口で西側に本丸御殿の表台所が建てられていた。明治初期に取り壊され、門は埋められ更地にされており本丸側から跡を把握するのは困難となっている。
御台所御門前石段跡)
クリックしてください
この合坂は勾配も緩く上り下りが楽そう。合坂を見るとその上の多聞櫓が目に浮かんできます。
本丸多聞櫓台の合坂
クリックしてください
昭和20年(1945)の福山大空襲により焼失した御湯殿。伏見城から移築されたといわれ石垣から突出させた懸造の座敷(展望室)と湯殿(蒸風呂)で構成されている。平屋建てで、かつては本丸御殿の大書院と廊下で繋がっていた。昭和41年(1966)に外観復原された。
御湯殿
クリックしてください
江戸時代には御風呂屋と呼ばれ「御湯殿」と呼ばれる施設は別の場所にあったため、本来は御湯殿は適切な呼称ではないらしいが現在はこれで定着している。明治時代には料亭に転用され多くの改変を受けたものの、昭和8年(1933)には国宝に指定された。
御湯殿本丸側
クリックしてください
本丸北の二の丸に保存されている礎石。
天守礎石
クリックしてください
復原された天守の北壁面は白く輝いていますが、古写真でみる往時の天守北面は全面に鉄板が貼られ黒々と異様な姿でした。全国でも稀にみる仕様ですね。
天守北面
クリックしてください
かって本丸御殿が建ち並んでいた広大な本丸広場です。左の木立の間に復元された月見櫓。中央は御湯殿。右手には筋鉄門。
本丸パノラマ
クリックしてください
福山城の天守は逓減率が少ないせいか真近で下から見上げるとその量感に圧倒されます。コンクリート製復原であるのも忘れるほど(実際よく出来ていますが)迫力ですが、戦災で焼失したのを改めて残念に思います。
天守東面
クリックしてください
本丸の北西、搦手にあたる渡櫓門で、内枡形状の虎口を持っていた。明治初期に取り壊された。現在、門の手前に建てられている冠木門は模擬的なもの。周囲の石垣は崩されているが、門柱の礎石は残されている。
棗木(なつめ)御門跡
クリックしてください
二の丸上段、鹿角菜櫓と東坂三階櫓の間にあり、東側二の丸上段と二の丸下段を結ぶ渡櫓門であった。東上り楯御門とも言われる。外枡形状の虎口を持つが三の丸から門の手前まで一直線で来られるようになっていた。明治初期に取り壊されたが、門跡の石垣は概ね残されている。
東坂口門跡
クリックしてください
平屋の渡櫓門で三の丸の西側にあった。外枡形を持ち城下とは木橋で結ばれていた。明治初期に取り壊され門自体の遺構は何も残されていないが、外枡形の一部と櫓台は福塩線の高架下に保存されている。
西御門枡形と櫓台跡
クリックしてください
西御門櫓台跡説明
クリックしてください
東よりからの撮影。奥が櫓台、一段低い手前が枡形の一部。
西御門枡形と櫓台跡2