二の丸大手付近の復元(正保城絵図での想定復元)  [右] 北廊下門 [中] 二の丸 [左奥] 本丸 [手前石垣] 櫓台
 年 表
: 篠山城は丹後・但馬と京を結ぶ交通の要所に徳川家康が西国大名に命じて作らせた天下普請の城。当時、篠山盆地の東側には波多野氏と明智軍が激戦した八上城があり、家康はこの八上城(当時の城主は家康の実子松平康重)に替わる城壮大な城郭を築き大阪城の押さえとし復原た。縄張りは築城の名手・藤堂高虎があたり、本丸と二の丸は梯郭式、全体的には輪郭式のプランを作った。篠山城の特徴は輪郭式の手本のような縄張り・高虎好みの高石垣と立派な犬走・三の丸の南北東の三ヶ所に設置された馬出など。。本丸(当初は天守曲輪)には天守のあがらなかった天守台と三基の二重櫓、二の丸には三重櫓一基と二重櫓五基を配しそれぞれを全て多聞櫓で結ぶといった堅固な構えでした。三重櫓は三の丸の東南隅にもあがっていた。明治の廃城後は建物のすべて取り壊しになったが唯一二の丸御殿の大書院だけは取り壊しを免れたが昭和19年の失火で惜しくも焼失。しかし平成12年に創建当初の姿で復元されています。 : 現在の篠山城は大書院もなかった頃の忘れられた古城のような面影はありません。大書院の復元以降は大書院へと向かう二の丸北大手あたりの犬走のや櫓台の復元も進行中で、随分と明るい城跡に変化してきています。ほどよい城郭復原保存の見本のような趣を感じます。


篠山城のいま



写真の説明は拡大に載せています
クリックしてください
[左]本丸東の多聞櫓跡から。[右]本丸南から。
天守台
クリックしてください
天守台から見た本丸跡。
本丸
クリックしてください
二の丸南にある埋門跡です。石垣形状から埋門の上には櫓があったようです。
二の丸埋門
クリックしてください
左に復元された大書院と二の丸御殿跡の配置整備です。右手の石垣が本丸です。
二の丸跡

クリックしてください
かなり幅のある堀です。右手三の丸の奥(東南隅)に三重櫓がありました。
外堀
クリックしてください
縄張図。
拡大で明細表記
クリックしてください
平成12年に復元された大書院です。
二の丸御殿大書院
クリックしてください
三ヶ所にあった馬出のうち、大手馬出と東馬出が石垣で構成され南馬出は土居でした。大手馬出は現在は失っておりこの東馬出は保存状態はいいです。。。
東馬出
クリックしてください
この大きな破風は大迫力です。復元完成時は白木も香るような真新しさでしたが、年月が経ちいい古色が出てきていますね。 。
二の丸御殿妻入
クリックしてください
かって正面土橋の延長線上から馬出まで塀が立っており、右手外郭から進入する場合この馬出の門を抜け馬出内でUターンしないと三の丸には入れない構造でした。
東馬出
クリックしてください
枡形はよく保存され右斜面石垣上に北廊下門がありました。。
二の丸北廊下門跡と鉄門枡形
クリックしてください
正面左右の石垣が鉄門跡で手前が鉄門枡形です。北廊下門から続くこの枡形は左手の中門で分断され二つの枡形が連なる堅固なものでした。。
鉄門跡
クリックしてください
左手鉄門から入るとこの二の丸御殿前になります。
二の丸御殿前
クリックしてください
一番目立たない東面からみる大書院は書院造りの優美さがもっとも出ているところかもしれません。
大書院東面
 
クリックしてください
犬走の復原に向けての発掘でしょうか?土に埋もれていた石垣が美しい状態を現してます。
 北廊下門跡石垣下
クリックしてください
修復された犬走の石垣が真新しいです。それにしても堂々とした犬走です。。
北廊下左手の内堀
クリックしてください
犬走はまだ修復が手付かずですが、これはこれで古城の趣がありますね。。
内堀西面