本丸西南面。天守閣、櫓の復元(正保城絵図での想定復元です)
 
(画像にマウスをドラッグしてください)
 年 表
: 岸和田城は南北朝の頃、楠木正成の一族和田氏が岸和田野田町あたり(現在の城跡より500m程北東)に城を築いたのが始まりと伝えられる。後期岸和田城にあった二の曲輪のあぶみ堀(馬具の鐙の形)は古城時代の馬出の名残と伝えられる。室町時代には和泉守護細川氏や守護代松浦氏が居城したらしい。戦国時代になると羽柴秀吉の天下統一の過程で紀州根来寺勢力の押さえに中村一氏を城主にします。根来を押さえた後は小出秀政が入り城の整備で現在の城跡がほぼ出来たようです。五層の天守もこの頃完成しています。小出氏が転封した後、松平氏、岡部氏と移り明治を迎えている。 :当時の縄張では三重四重にめぐらされた堀は随所に横矢掛かりの屈曲をみせ、その複雑な構成であった城域は現在の本丸と馬出状の二の丸しか残っていない姿からは想像しにくい。現存の本丸、二の丸は共に規模は小さいながら堀と共に保存状態は良く、本丸段上には天守をはじめ門、櫓、塀とすべて復興されているのも珍しいのでは。この復興天守はそれなりに美しいデザイン(かっての東映時代劇に登場するような派手めな城の感じ)ですが、同じ復興でももう少し歴史的な考証がされていたならと思いますが。。。この天守を差し引いても本丸の四方を掘で囲まれた姿は美しいです。堀の美しさが印象的な城のひとつです。

二の丸北面。この北西隅に伏見城から移築された伏見櫓がありました。
天守焼失後はその代用とされた櫓です。

本丸東面。創建当初の天守推定復元 。
本丸と犬走りをつなぐ階段通路も珍しいです。本丸側面の中で一番の構成美です。



岸和田城のいま



写真のコメントは拡大に載せています
クリックしてください
昭和44年に復興された本丸門です。
本丸表門
クリックしてください
二の丸南面と右手奥が本丸と復興天守、櫓等です。手前石垣上sの建物は城郭建築とは無関係な武道館です。
二の丸南面
クリックしてください
現在は復興された塀ですが、かっては本丸を多聞櫓が取り囲んでいました。
本丸多聞櫓跡
クリックしてください
二の丸南面堀向かいに残る二の曲輪の石垣です。かっての掘は現在は駐車場になっていますが、この掘跡が百軒堀の南端になります。
二の曲輪北西隅の石垣
クリックしてください
二の丸から見た内堀です。この堀向かいの本町・紀州街道沿いは江戸時代、岸和田城下でも最も賑わう通りでだった。往時を偲ぶことの出来る伝統的な 家並みがよく残っています。
内堀(百間堀)と本町の町並
クリックしてください
この南東面から見ると本丸は堀に浮かぶようで美しいです。犬走りもよく確認できます。
本丸南東面
クリックしてください
本丸には「八陣の庭」という諸葛孔明の八陣法を基に造られた庭園があります。仮設のものならまだしも、本丸一杯に陣取る大きさで城に無関係なこの手のものを造ってしまう人達には呆れるばかり。。
本丸
クリックしてください
この角度から見ると良く判りますが、復興天守は平面積も小さく、かっての天守は天守台一杯に五層をあげていました。手前の一段低い石垣は付櫓台でこれも面一杯の大型櫓があがっていたようです。
天守側面
 
クリックしてください
二の曲輪の旧新茶屋跡(本丸南東の堀前)にある昭和4年から10年のかけて造営された回遊式日本庭園です。左手の母屋の屋根越しに天守の屋根が少し見えます。日本建築の粋をこらした母屋と三つの茶室があり入園は無料。
五風荘