現在の掛川城と往時の復元(左から荒和布櫓、本丸門、天守下門、腰櫓)
 
(マウスを画像にドラッグしてください)
 年 表
: 掛川城は山内一豊の出世城としてあまりに有名ですが、掛川城の歴史はさらにさかのぼって今川氏(氏親)が部下に命じて築城させた掛川(古)城になります。現在の掛川城の北東部に築城されました。現在地に移ったのが永正年間です。桶狭間の戦いの後今川氏が衰退すると一時掛川城は徳川家康の手に入りますが、豊臣秀吉の家康の関東移封により替わって山内一豊が入封します。この時に山内一豊は掛川城を大改修し現在の掛川城のおおよその形が出来上がります。その後、関ヶ原の合戦での功績により山内一豊は土佐の太守として転封するので一豊が掛川城にいたのは10年余りにしかなりません。一豊以降は松平、本多、井伊、小笠原、太田氏と譜代大名が入れ替わりながら明治を迎えます。 : 現在の掛川城は本丸、二の丸と三の丸らしき広場が残っていますが、どれも不確かな形にとどまっています。石垣の少ない土塁の城は明解な形で残らない宿命なのかも知れませんが、土塁主体の城が現在に整備されるのを見る度にどこかスッキリしないものも感じます。しかしこの城は全国的にも貴重な御殿がほぼ現存しています。曲輪の中に本来あるべき御殿があるのはいいですね。へんに整備されて現代風な庭園や公園化された曲輪はうすら寂しいですから。。日本で初の本格木造天守も復元され掛川城も本来の城の姿にもどりつつあるようです。



掛川城のいま




写真のコメントは拡大に載せています。
...
良好に残っている二の丸御殿です。同じく現存する二条城御殿は立派すぎて別格ですが、川越城、高知城の御殿よりは規模的な大きさでははるかに勝っています。
現存の二の丸御殿
...
発掘調査での大手門の位置は現在の50mほど南らしいですが、本格的に復元されています。
復元された大手門
...
御殿の内部は格式ある書院造です。
二の丸御殿内部
...
元家臣が譲りうけ住居として使用して現存していたものを大手門復元に伴い当時の地に移築したものです。
現存の大手門番所
...
かって櫓門式の本丸表門があった位置の袖石垣です。左手は三の丸より移築した太鼓櫓(現存)です。
本丸表門跡
...
かって三の丸に現存していた太鼓櫓を荒和布櫓跡に移築しています。
現存の太鼓櫓
...
本丸のから二の丸に下る途中の土塁です。左手が二の丸で向正面櫓は太鼓櫓です。
本丸土塁
...
質素な中庭ですがこんな空間に往時の空気を感じます。
二の丸御殿中庭
 
...
二の丸御殿と天守です。
二の丸御殿と天守