現在の亀山城跡と往時の復元 (マウスを画像にドラッグしてください)
 年 表
: 伊勢亀山城は東海道の要衝の地にあります。東国と西国を分ける鈴鹿峠に関所が置かれ、ここを押さえるのが亀山城だった(関ヶ原の不破関と大垣城の関係と同じ)。亀山古城は鎌倉時代に関氏によって築かれ、近世になって岡本氏が豊臣大名にふさわしいい新城を再築したのが現在の亀山城。東西に本丸、二の丸、三の丸と曲輪を並べた形で、ほぼ関氏時代の縄張を踏襲したとか。。関氏、岡本氏時代は天守を持っていたが、後の江戸初期に堀尾忠晴が丹波亀山城取り壊しの幕命を伊勢亀山城と間違えたために取り壊されてしまった。伊勢亀山城といえばこのエピソード、といえるほど有名です。天守を失ってからは再建もされず、天守台には多聞櫓があげられ、それが現在残る多聞櫓です。(三重県では唯一の現存城郭建築)のちの改変で下見板になっていますが本来は総塗籠だったとかで、復元イラストでは総塗籠にしています。 :現在の亀山城跡は本丸南隅の天守台以外はほとんど原形をとどめていないかのような佇まいですが、縄張図を参考にしながらよく見回ると通りや町割りに往時の面影が色濃く残っています。二の丸と三の丸を一つに包み込んでかっての大手前通りが商店街筋に変わり、大手口跡の交差点から南の細い通りには旧東海道の町並みがよく残っています。本丸天守台前の水堀は現在は学校のグラウンドに変わってはいますが、本丸北側の水堀跡はよく痕跡をとどめ、広大な土塁に囲まれた往時の亀山城の姿は容易に感じられます。




亀山城の要所
...
右手の小高いところが三重櫓跡です。
本丸北の水堀跡と三重櫓跡
...
左手本丸の右突端が三重櫓跡です。腰石垣は失ってますが少し高くなった土塁でイメージは出来ます。
本丸三重櫓跡
...
本丸の北側から下ると土塁に囲まれた当時の水堀の面影がよく残っています。
水堀跡
...
本丸より見た二の丸跡。土地のかさ上げの感じはしますが土塁で囲まれた縄張線は感じます。
二の丸(右は三重櫓の説明ポール)

...
商店街通りを大手門跡をぬけて真っ直ぐ突き当たると多聞櫓をのせた天守台です。もし天守があがっていれば絶好のアングルです。
天守台と多聞櫓
...
現在では交差点になっている大手門跡は石垣ひとつの痕跡もなく民家前のこの看板がなければ見過ごします。この手の表示板は助かります。
大手門説明板
...
天守台石垣。土塁の多かった亀山城のなかで天守台の石垣は野面積の立派なものです。野面積の石垣では高さでは日本一に上るとか。。広がり勾配が特に美しいです。
天守台石垣
...
この江戸口だけ城の縄張から東に離れ東海道の中に単独で位置していました。下図の東海道図を参照してください。
江戸口門説明板

 

亀山城と旧東海道
旧東海道は左図のように東方面から亀山城の江戸口に入る。大手口正面で左に折れ亀山城を右手に見ながら城をなぞるようなラインを取っています。現在でも大手口から下に下るあたりには旧東海道の町並みがよく残っています。大手前通りは現在では本丸跡まで伸び天守台跡前で屈折し、左手に石坂門跡と石坂です。