現在の本丸公園と往時の天守復元 (マウスを画像にドラッグしてください)
 年 表
歴史: 淀城で世に有名なのは豊臣秀吉が淀君のために築城したものだろう。現在「淀古城」と呼ばれ、現在の淀城跡から北方の納所に築かれた。現在の地に新淀城が築かれたのは伏見城廃城にともない幕府が松平定綱に命じたもの。以後、松平、永井、石川、松平、稲葉氏と代替わりして明治を迎える。幕末時には山城区域ではただ一つの藩として京都を警護し、朝廷・公家を監視する役を担っていた。慶応4年の鳥羽伏見の戦いでは当時の藩主稲葉家は敗走してきた旧幕府軍を城内に入れず中立の立場を取ったため、幕府軍によって城下に火が放たれ城下は灰燼に帰した。明治の廃藩後城内の建物すべてと本丸の一部を残して
天守: 淀城で最も注目はその特殊な天守の形状だろうか。伏見城の廃城にともなうその代わりの城であるから、建材はほとんど伏見城から運ばれ天守も同様に伏見城のものを移築する予定で天守台を築いた。ところが急に天皇の二条城への行幸が決まり、伏見城の天守は二条城に移され、代わりに二条城の天守が淀城に移されることに決まるが、二条城天守(大和郡山から移築の伝承)は築いた天守台より小振りなため天守の周りに二重櫓を懸造りにしてその間を多聞で連結するという設計変更になった。天守の周りを櫓、多聞で囲うのは駿府城の例があるがこれは角櫓は懸造りではないので、全国に天守は数あれど苦肉の策の異形な天守である。 

 
構成: 桂川と宇治川が合流する水運の要所に本丸、二の丸を中心に回字形に三の丸、西の丸が取り巻き、三の丸の東側に東曲輪が巨大な馬出曲輪として配していた。北側は桂川が外堀になり、大水車が二箇所設けられ、二の丸や西の丸の池などに水が取り入れられていた。堀には桂川、宇治川の豊富な水を活用したこの城は「浮城」とも呼ばれる美しさだった。櫓は三重櫓4基、二重櫓9基、平櫓25基の総数38基、城門が20ヵ所にもなっていた。本丸南東は石垣を一段高くして天守曲輪を構成し、そこから天守穴蔵に直接入るようになっていた。御殿は本丸、二の丸にあり本丸御殿は家光の上洛の宿泊に使われてからは藩主は二の丸御殿を利用していたらしい。宝暦6年(1756)の落雷で天守、本丸御殿は焼失したあとは再建はされていない。


 
[上] 本丸東の石垣と内堀。堀の水は澱んでいます。かっては桂川や宇治川の水が入れ替わりつつ水をたたえる美しい堀だったのでしょう。

[右] 本丸南端の多聞跡から天守台。
天守台の右手奥は淀駅のホーム。ほんとうに駅が目の前に迫っています。広島県の三原城を連想します。両者の駅と城跡(とくに天守台)の関係は極似しています。もう少し配線に考慮できなかったもんかと思わされますが、住宅が城跡に進入しているのに比べればまだましかも?。。。