ご挨拶  入会案内 見本誌請求 句会案内 行事予定のご案内(2016) 銀漢亭日録 日録PDF haishi etc

2015年 1月号 2月号   3月号 4月号 5月号 6月号   7月号   8月号  9月号  10月号  11月号  12月号
 2016年  1月号  2月号  3月号  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号   9月号   10月号  11月号  12月号
 2017年 1月号  2月号   3月号 4月号   5月号  6月号  7月号  8月号   9月号  10月号   11月号  12月号
 2018年  1月号  2月号 3月号  4 月号   5月号  6月号   7月号           
  

▲7月号UPしました。2018/6/27
  ▲今月の写真へ2018/7/13


伊藤伊那男・銀漢俳句会


最新号

   
            リンクします。           伊藤伊那男・第3句集 『然々と』7月17日発売。
                 画像上でリンクします。

 






















コキア
画像上でリンクします





2018年7月15日(日)

お早うございます。AM9時、30℃、晴れの予報です

季節は「小暑」へ・・・24節季
暑さはこれからが本番。暑中見舞いも出されるようになります。今年は22日早い梅雨開け。前節季の夏至を境にして少しずつ日が短くなりますね。

蓮始開・はすはじめてひらく・第321侯・7月12日から7月16日頃。
蓮見。

もともと蓮は「はちす」といいました。実が蜂の巣に似ているからです。その「はちす」が変化して「蓮」。江戸時代は「蓮見」といって、早朝、花が咲くところを観賞したそうです。

2015年・8月号・屑金魚主宰の八句から。
△羅生門跡に人消え夕薄暑



画像上でリンクします。
7月号UP致しました2。(2018/6/27)
△今月の花の歳時記。2018/7/13
7月13日までのアクセス数は618でした。有り難うございます。

今日の季語。
合歓の花。まめ科の落葉小高木である合歓の木は、6から7月頃、紅色で化粧用の刷毛に似た、「合歓の花」を咲かせます。合歓の葉は夕方になると自然に折りたたまれ、その姿が眠っているように見えることから「ねむの木」と箭ばれます。
美しい日本の季語)から。毎日更新。7/15

北辰社刊行物のご案内を追加しました。2018/7/15

画像上でリンクします。
 伊藤伊那男・第3句集 『然々と』7月17日発売。

                             2018/7/15 管理人・八王子/ 更新



 
 刊行物のご案内 今日の花の歳時記   俳誌/etc  句会案内 見本誌請求  アクセス解析 


おすすめリンク


△アクセス90,000の記録は2018/7/13でした。

アクセス解析データーこちらです

  旧サイト

〒 101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20 東明ビル2階B 電話・FAX 03-6272-4524
ginkan_haiku@ybb.ne.jp