ヴィルゴ(Virgo)


       
 純白の薔薇だが花個々の花は中中心部がクリーム色を帯びるものもある

       
 花と葉の色は、毎年の気候や季節、毎日の時刻の移り変わりと共に微妙に変化する


ヴィルゴの親種
   
ネージュ・パルファン
(Neige Parfun) 
ブランシュ・マルラン
(Blanche Mallerin) 
 
 1947年にフランスの Charles Mallerin が作成したハイブリッド・ティー種の薔薇です。
ヴィルゴとは星座のおとめ座のことです。
 Neige Parfun x Blanche Mallerin と、名前からして純白の両親から生まれた白薔薇の名花です。
 このヴィルゴからはドイツの薔薇作家、Kordes が白薔薇の名花、アイスバーグを生み出しています。
 実はこの薔薇の素性が判明したのは最近のことでした。
例によって十数年前に植えた後、毎年純白の花を咲かせてくれていたのですが、名前が分からなくなっていました。
 たまたま、空いた場所に新たに植えたヴィルゴが咲いたところ、実は長年不明であった白薔薇と同じものと分かったという次第。
 この薔薇の純白の色合いと花の姿にはすっかり魅せられていたのに、名前も憶えていないという不明に悔しい思いをしていましたから、ようやく名前が分かり、しかもアイスバーグの親種であったとは嬉しい驚きでした。
 薔薇図鑑にはやや耐病性に欠けるとありますが、涼しい北海道では背丈こそ何年経っても60㎝程度と大きくなりませんが、毎年病気にならずに、7月から雪の降る11月まで、次々と花を咲かせてくれます。
                 

                             
Top  薔薇園