新着宝石展示室



September 2017 :アフリカのトルマリン(African Tourmalines)


 
African Tourmalines 0.5ct - 3.89ct 

モザンビークのトルマリン(Mozambique Tourmalines)
     
 3.89ct 11.4x7.8mm 1.58ct 11.1x4.5mm  0.5ct ea. 4.96x3.96mm 4.80x3.87mm 

 近年アフリカ産のトルマリンを見かける機会が圧倒的に増えました。
中でもモザンビークからはパライバ型を始め、多彩な色合いのトルマリンがカラット当たり数百円から1000円程度の手軽な水準で入手できます。
 これらのトルマリンは大きさ、形と品質とがまちまちなため、宝飾品としては勿論、アクセサリー用としても使いにくい標本級のルースとして流通しています。
 が、とりわけ色合いの変化に富むトルマリンのコレクションには格好の機会です。
 

ナイジェリアのトルマリン(Nigerian Tourmalines)
   
1.50ct 10.0x5.7mm  0.91ct 6.6x5.9mm 

 ナイジェリアも多彩な色合いのトルマリンの産出国ですが、とりわけ赤とピンク系ではブラジルに匹敵する産地です。
 ルベライト系のトルマリンは宝飾品級はカラット当たり数百ドルとトルマリンの中では最も高価な部類ですが、写真のような標本級ではカラットあたり1000~2000円と、迷わずに入手できるのが嬉しいところです。


ザンビアのトルマリン(Zambian Tourmaline)
     この色合いのトルマリンはザンビアの特産です。
 2000年台始めに、マラウィ産として市場に姿を見せていた、マンガン発色のカナリー・トルマリンですが、後にマラウィ国境に近いザンビア側の鉱山産と判明しました。
 このルースはやや淡い色合いですが、カナリー・トルマリンとしては例外的に透明度が高く、2カラット近い大きさの標本です。
 近年は鉱床が枯渇してしまったようです。
 
 1.85ct 9.0x6.0mm  


Top Gemhall