新着宝石展示室

October  2016 : スリランカのサファイア(Srilankan Sapphires)


 
多彩な色合いのスリランカのサファイア 0.14 - 3.36ct 


       
 1.81ct 9.60x6.65mm 3.36ct 12.8x7.1mm   1.19ct 9.0x5.6mm  0.69ct 7.2x4.9mm


         
 0.58ct6.0x4.0mm 0.70ct 5.5x5.4mm  0.26ct 5.25x3.10mm   0.14ct Ø3.0mm 1.15ct 6.1x5.9mm  1.12ct 7.4x5.1mm 

   これらのサファイアは全部まとめて66ドルの破格の処分セールで入手したものです。
大きさや形が不揃いなので宝飾品としては使いにくいという理由でしょう。
 が、一つ一つじっくり眺めると、決して捨てたものではありません。
とりわけ3.36カラットの多色と、1.81カラットの暗緑青色の二つのペアカットのサファイアはその大きさと特異な色合いとで存在感があります。
 この色合いは到底スリランカの変成岩起源のサファイアとは思えず、マダガスカルのアルカリ玄武岩起源の原石をスリランカでカットしたものが紛れ込んだのかもしれません。
 同じく、何とも言えない褐色味の0.58カラット、レクタンギュラー・カットと0.70カラットのトリリオン・カットのサファイアも同様です。
 産地はともあれ、コレクションをする側にとっても、一つ一つ選んだならば、決して手に取ったりはしないようなルースも、こうしたまとめて捨て値でオファーされるロットで入手したものの中に思わぬ味わいのあるルースを発見するという楽しみがあります。



Top Gemhall