新着宝石展示室


March 2018 : トルマリン(Tourmalines)


 
 世界のトルマリン 0.31 - 2.70ct

 トルマリンの主要な産出地が、近年はブラジルと並びモザンビークやナイジェリア等のアフリカが台頭し、多彩な色合いのルースが手ごろな価格で姿を見せるようになりました。
 この半年ほどの間に増えたトルマリンを紹介します ;


                  モザンビークのトルマリン

       2.25ctの緑色のトルマリンはパライバ型のトルマリンです。
 中央宝石研究所のX線蛍光分析データでは銅が0.69%、マンガンが5.76%
含まれています。モザンビーク産のパライバトルマリンとしては透明度
が高いものですが、金色のルチル結晶と思われる包有物があり、左側の太
い結晶端がテーブル面を突き破って表面に出ています。
 これでは宝飾品には使えないので、普通のトルマリン並みの手頃な値段でした。
 緑色のモザンビーク産パライバトルマリンに出会うのは初めてでした。
 ピンクのトルマリンはパパラチャ・カラーの謳い文句でしたが、実物は
単なるルベライトです。
 
 2.25ct 9.21x7.19x4.31mm 1.12ct 8.2x5.3x3.8mm   

ナイジェリアのトルマリン(Nigerian Tourmalines)
       
1.93ct 12.5x4.5x3.3mm  2.14ct 13.9x4.9x3.2mm  0.41ct Ø4.5x3.1mm   0.31ct Ø4.4x2.7mm 1.62ct 7.2x3.2x4.5mm 
Ibadan area, Nigeria  Keffi, Nigeria 
 近年とみに存在感を示すアフリカのトルマリンですが、ナイジェリアからは、とりわけ美しい色合いのトルマリンが続々と登場しています。
 左の二つのバゲット・カットのルースは、いずれもイバダンと、珍しく詳細な産地が明記されていたものです。
 実際の産地は少し北の Irorin 近くの Edeko と推定されます。
 右の二つはその色合いから中央高地の Keffi 産と思われます。ここからは透明度が高く、爽やかなパステルカラー、世界でもっとも美しいトルマリンを産します。


アフガニスタンのトルマリン(Afghan Tourmaline)
     アフガニスタンも世界的な美しいトルマリン結晶の産地ですが、一般に透明度に欠けるため、宝石ルースは滅多に市場に姿を見せません。
 恐らく数少ない宝石質ルースは宝飾品市場に直接買い取られていると思われます。
 これは希少なインディゴライトですが、テーブル面付近の亀裂が目立つため標本市場に回されたのでしょう。
 傷こそありますが、アフガニスタン産としては大きく、透明度の高いルースです。 
 2.70ct 8.20x6.94x5.05mm  



Index Gemhall