新着宝石展示室(New Gemstone Gallery


June 2017 : アフリカのガーネット(African Garnets)


 
Pyropes from Kenya, Tanzania and Mozambique 0.52-1.50ct


ナマンガ・ガーネット(Namanga・Garnet)
     
 1.44ct 6.9x6.9mm  Namanga, Kenya
屈折率・R.I. : 1.740  比重・S.G. : 3.958 

 ナマンガとはタンザニアとの国境に近いケニアの産地です。
取りたてて産地名をつけるほどの特徴あるガーネットではなく、ありふれたロ-ドライトに過ぎませんが入念なカットで美しく仕上げられたルースです。


マライア・ガーネット(Malaya Garnet)
      
 1.50ct 8.0x5.0x4.2mm 1.34ct 8.0x5.1x3.4mm   0.52ct 5.1mm
R.I. 1.740  S.G. 3.697 
Tanzania 
 マライア・ガーネットとはタンザニアのロードライト産地から、ロードライトに交じって産する複雑な成分のガーネットです。
 かつては大半が”屑”として捨てられていたものですが、中には素晴らしく魅力的な色合いがあり、脚光を浴びるようになりました。
 とは言え、当初のように、屑とは言えないまでも、あまり美しくない石が大半です。 
 写真の3個も褐色の色合いが強く、比重の低さからすると、かなりのヘソナイトとスペッサータイン成分とを含むパイロープかと考えられます。


パイロープ(Pyrope)
   
1.09ct
7.2x5.3mm 
1.09ct
7.1x5.2mm 
1.01ct
7.0x5.0mm 
0.82ct
7.0x5.0mm
 0.85ct
7.1x5.2mm
0.80ct
6.8x4.8mm 
0.80ct
7.1x5.1mm 
R.I. 1.73-1.74  S.G. 3.854 
 Mozambique

 これらは単にガーネットと表示されていたものです。
が、アフリカ産の廉価なガーネットにしては珍しくモザンビーク産と産出国が明示してあったので、入手して調べてみたものです。
 屈折率と比重と色合いからは殆どロードライトとも言えるパイロープです。


Top Gemhall