新着宝石展示室
(New Gemstone Gallery)


June 2015 :水晶 (Quartz)




 ボリビア,アナイ鉱山のアメトリンの結晶標本を入手したのは実は今回が初めてです。
  ショーにはいくらでも出ているのですが、紫と黄色とが綺麗に見られる標本は、意外と少なく、稀に良さそうなものがあっても割高であったりするので、30年もかかってようやくコレクションに加わりました。  
 小さいながら透明度が高く紫と黄色とが程よい比率で入っている結晶標本です。 
 コレクションは気長に待つのが唯一の秘訣です。
 右の写真は20年余り昔にミュンヘンショーで入手したものです。
 天然の結晶のように研磨したものですが、こうした様々な形や大きさに研磨したものが1個 5マルク(300円)程度で選り取り見取りで売られていました。
Ametrine 106ct 52x33x28mm 33.9ct 35.0x12.2x8.4mm
Anahí Mine, Bolivia

 世界中に無数の産地がある紫水晶のルースが何処で採れたものかを詮索するのは殆んど不可能ですが、このルースは、信頼できる業者が自らカットしたものですから、まず間違いないでしょう。
 アメリカ、ジョージア州のジャクソンズ・クロスロードの最上の紫水晶はシベリア産に匹敵する濃い赤紫色で市場で最も高い評価を受けています。
 が、産出量は微々たる量ですから滅多に見かける機会はありません。
 このルースは中級品といったところですが、稀少な産地でもあり、見事なカットの貴重な標本ではあります。
紫水晶 2.93ct 10.09x8.01mm
Jackson's Cross Road
Georgia, U.S.A.

 多くの鉱物は地殻変動による結晶化作用で生成されます。 
 水晶は広範な条件下で結晶しますが、他の全ての鉱物が結晶してしまった最後に常温、常圧でも結晶が成長するので、水中に浮遊している他の様々な鉱物結晶を取り込んで結晶したものが珍しくありません。
 透明な水晶の結晶中に他の鉱物が見える標本は人気が高いものです。
 写真の標本は水晶中に水晶の結晶面と稜線とが累帯構造を見せています。
Quartz in Quartz 10.34ct 16.3x13.2mm


Top Gemhall