ラリマー(Larimar)
ソーダ珪灰石(Pectolite)


 
Larimar Cabochons 7.04 - 42.87ct and rough stone
 Baoruco, Rep. of Dominica

化学組成 
(Formula)
結晶系
 (Crystal System) 
モース硬度
 (Hardness) 
屈折率 
 (Regractive Index)
比重
 (Density) 
 NaCa2Si3O8(OH)   三斜晶系(Triclinic)   41/2 - 6   1.57-63   2.62-90 

ドミニカのラリマー(Dominican Larimar)
           
36.34ct 36.4x23.8x6.6mm   7.04ct 13.7x13.7x4.1mm  19.45ct 23.8x15.7x5.7mm 9.44ct 15.6x9.5x5.8mm  42.84ct 32.2x21.9x6.8mm 38.8g 41x39x10mm 
           
     
     
           
   
 1974年、ドミニカ最南西部、カリブ海に近いバオルコ川支流岸の玄武岩層に発見されたラリマー産地
(Larimar locality in a basalt intrusion, along The Baoruco River near Caribbean Sea, in Dominican Republic)


世界のペクトライト(Pectolite from world locality)
       
8x6x4.5cm  4.5cm   6mm pectolite on calcite 3x3x2cm
Millington Quarry, New Jersy, U.S.A.  Poudrette Quarry, Mont Saint-Hilaire, Quebec, Canada  


 ラリマーとは、ドミニカ産のペクトライト(ソーダ珪灰石)の変種に名付けられた商業名です。
トルコ石のような魅力的な明るい空色は、50ppm とごく微量の銅イオンによる発色です。
 
 1974年にカリブ海のドミニカ南西部、バオルコ川支流の川岸にて明るい空色の水摩礫が発見されました。
 原石は川沿いの風化した玄武岩層から流れ出たものと判明し、鉱山の開発が始まりました。
 宝飾品として販売するにあたり、鉱山主の娘、ラリッサ (Larissa) の愛称ラリ (Lari) とカリブ海の明るい海に因むスペイン語の海(Mar)とから、ラリマー(ラリと海 : Lari y mar)として商品化され、それが今日、ドミニカ特産の美しい宝石名として定着しています。
 熱帯気候により、ひどく風化したラリマーを含む玄武岩層は0.15平方㎢の広さでしたが、後に西側にさらに豊かな鉱脈の広がりが発見されました。
 1987年頃の産出量は週 300-500㎏、その20%が彫刻品質で、5%が宝飾用品質でした。
 現在もラフやルースが市場に安定して姿を見せていますから、順調な産出が続いていると考えられます。
 鉱物種としてのソーダ珪灰石は、玄武岩晶洞中に貫入した熱水作用により、沸石、葡萄石、方解石等と共に生成します。
一般には灰色や白い微細な繊維状の集合体として発見される、比較的稀な鉱物です。  
 緻密な集合体の産状から、ギリシア語の " pektos : 緻密な、凝固した、lithos : 石”を意味するペクトライトと命名されました。
 カナダ、ケベック州モン・サン・チレールの特異なアルカリ・ペグマタイトの採石場からは、比較的に大きく、透明な結晶が発見されます。



Top Gemhall