不眠症には・・・

陰陽論から・・・
昼間の行動には陽の気が主で行動するが、夜は陰の気で陽が抑制抑制されない限り
眠気は起こらない つまり陰の氣(抑制力)が弱ることで不眠は起こりやすい

逆に 陽の気が不足がちの人は 昼間の行動も弱るので 睡魔が襲うし昼寝てしまえば
陰の気を使ってしまうから 夜は寝られなくなる

陰陽の気が盛んであれば 徹夜平気だし 寝溜めもできる

不眠症

・イライラして寝られない 床にもジッとしていられなく動き回る

  明け方まで症状続くのなら 肝氣へ▲ 

 時間が短(2〜3時間)かければ 肝氣へ▼向き

動悸・寝汗があり寝付けない場合は 腎水を▼ 心火を▲

中々寝付けない 足がだるく寝つきが悪い(12時間)眠ると深く
 眠られる脾氣へ▼


物音で目が覚めやすい 眠りが浅く睡眠時間のわりに
スッキリしていない 肺氣へ▼

1度は眠られるが目が覚めると 後 全く眠られない お床で意識が
 ハッキリあるは腎水へ▼



逆に十分睡眠時間が足りているが 朝まだ眠い 肝氣・脾氣へ