体内には1マイクロアンペアの微弱電流が流れ、
プラスとマイナスの電気を帯び、バランスを保って調和し、
生命情報を細胞のひとつひとつに伝達(通電性)しています。
 
疲労や加齢などでは、このバランスが崩れ、肌の通電性が低下し、シミ・シワ・タルミといった
血行障害や老化現象が引き起こり、長期に渡ると凝りや痛みの原因ともなります。

 金箔の有効性は、生体電流と同じ波長があり、肌にインストール(浸透)させたり、
接触させることによって、通電性を高め 血液(栄養素や酸素)・リンパ(老廃物の排除)・ホルモンの分泌・神経・筋肉等の「細胞活性力」が高まります

 結果、新陳代謝が円滑に促進され、元気を取り戻すことが可能となります。

 これら生体電流のバランスが著しく悪くなっている箇所として、東洋医学で使われるツボに反応が現れやすく、そこは治療点として存在します。
 
この金プラスターをツボへ貼付する事で、生体電流を調整し血行を良くする事が可能です。
  
                    


つぼや 代表 野村 広
                   戻る