○屋号について

家屋敷の各戸につける「姓」以外の通称で、先祖名、職業名、家の本家、分家、その家の立地条件に沿う形でつけられたものがあります。

先祖調査の場合、屋号もしっかり調べておきましょう。屋号が決め手となる場合もあります。

実際に私が調査した時に屋号で先祖の家が判明しました

1先祖名  せんすけ(仙助)、いちべい(市兵衛)

2職業名 かじや(鍛冶屋)、さかんや(左官屋)、げたや(下駄屋)

3立地条件 ひだや(日田屋)、さきまえ(先馬屋) 

4意味不明 せのぶ、こぶけ、むかわ

5商家 大和屋、伊勢屋、越後屋

江戸時代は苗字を公称できなかったので(殆どの人はもっていましたが)屋号が発達しました。屋号を苗字がわりにしていました。現在でも、田舎にいけば苗字ではなく、屋号で会話が行われている土地も多いです。

「鍛冶屋の政次郎さんの風邪の具合はどうかいの?」とか「せのぶのキクさんのところは孫が生まれたらしいよ」

余談:私の郷里では屋号とは違うがBと似たような事がありました。

山の高い部分に住んでいる人は「かみぐみ(上組)」「そらぐみ(空組)」と呼ばれていた。今思うに、所謂「町内会」

や「相互扶助組織」の単位名称だと思われる。いつ頃から使われていたのかは全く不明。

他に「中組」「下組」があるのかと聞いてみたが、それはないとのこと。また「空組」は「上組」でも特に上のほうに住んでいる住人を指している。元々は「上組」一つだったが、人口増加により「ソラ」と「カミ」に分けたのではないか。

買い物に行った時など「あんた誰ね?」「山本です」「どこの山本ね?」「ソラの山本です」「あー照彦さんとこかいな。おじいさんは元気でやりよるんかいの?もう90は越えたろう。」