○長沼家

長沼家は私の曾祖母の実家ですが、祖父が養子ですので血縁関係はありません。

まず戸籍で、実家がどこかということは分かっていましたので、長沼さんに手紙を送付し何かご存知でしょうかとたずねました。

この時は戸籍を入手していたことが役立ちました。

なぜなら、戸主の孫まで記載されており、電話帳をみたら、その方が記載されてたからです。

そうすると返信があり、墓の場所を教えてくれるそうですので、伯父と一緒に公民館で待ち合わせをして一緒に墓にいきました。

残念なことにご当主は10年以上前に亡くなっており、来られたのは奥様とお嫁さんでした。

墓所は山奥の中にあり、赤の他人には絶対に分からない場所でした。

そこの長沼の墓を確認すると、ちゃんとした墓があるのですが、墓の隣に石が固まっておいてあるのが確認できました。よく見てみると昔の墓の残骸でした。(新しい墓を作る時に崩したもの)

それをさらに見てみると五輪塔があるではないですか。

 

長沼さんにお話を聞いたら長沼家は昔からの旧家だったらしいです。

位牌や過去帳の存在も確認しましたが、両方無いとの事、菩提寺は高屋というところにあるが、現在は和尚が亡くなり、廃寺になっており隣村のお寺ににお経を上げてもらっているとのことでした。

後日、県史を見てみると、地元有力者に長沼家がいたことが判明しました。

(私の系列との関係は不明)さらに萩藩閥閲録には長沼家が出ており、戦国時代に九州の宗像氏が没落し落ち延びたとあり、そこで長沼に改名したとありました。

おそらくその長沼と関連があるのではと考えています。

学んだこと

比較的新しい家の系列は探しやすい(曾祖父母の実家までつまり高祖父母まで)

なぜなら高祖父までなら戸籍が存在しており(明治19年版)その中には

孫まで記載しており、実際にはその孫が生存している可能性がある。

ただしこれは旧戸籍法の話で現在は2親等までしか記載できませんので

(親と子まで)将来80年後の子孫が探そうとしたら不可能になるでしょう。

最近は和尚さんが亡くなって廃寺になる寺が多いです(特に田舎のお寺)

過疎地は檀家も減ってきますので廃寺にするのでしょう。

 

○横田家

横田家は高祖父母の家ですが、娘が一人しかおらず、しかも娘が養女に行ってしまっているので、横田の直系卑属は現在存在していません。

お墓も、養女にいった先で一緒に祀られています。この高祖父は横田家の長男なのに分家して出ています。

(継いだのは次男系統,あと三男系統もある)

 

大学時代に戸籍で高祖父の父親までは判明していましたが、それ以上は不明でした。

当時から次男系統、三男系統の存在は知ってはいましたが、おそらく古いことはご存じないだろうと思っていました。

私の伯父が横田家の近隣に在住で、かねてから紹介を頼んでいました

しかし「行っても分からないよ」と伯父の腰は重く、そのままになっていました。

一人で行っても良かったのですが、千田は伯父の近隣の家で付き合いもあるので、勝手に行動すると色々問題があるだろうと考え、行動を慎んでいました。

 

しかし2004年にやはり調べたくなり、再度伯父に話をしたところ私の情熱が通じたのか、重い腰を上げ、紹介してもらうことが出来ました。まず、三男系統の子孫に話を伺いに行きました。

伝承はたくさん教えて頂きましたが、位牌や墓はありませんでした。まあ三男系列なので当然かもしれません。

 

次に現在の横田家の本家系列である次男系統の子孫にあって話を伺いました。

すると、位牌がたくさんあり、少し遡れました。

ただし戒名のみで実名はないので推測でしか判断できませんでした。

 

その横田のご当主もとてもよい人で、お寺の場所を教えてくれて

「横田のもんだと言えば過去帳を見せてもらえるから行って見なさい」とも言ってくださいました。

学んだこと

親戚を介して調査に行くとスムーズに事が運べるが、その親戚の腰が重かったら今度はそれが足かせになります。一人で行っても親戚がいないので信頼されないことも多いですし、一人で勝手に行ったら親戚の気分を害する場合もあるでしょう。

特に親戚の関係が悪い時には最悪の結果をもたらしますので、日頃から親戚の話をきいて関係を調べていたほうがいいです。

特に、この横田家は、三男の系統が次男系統と仲が悪く、道であったら殴り合いをするくらいでした。

私たちの系列である長男系統とも仲がわるかったのですが、伯父が「自分たちの代では仲良くしようじゃないか!」と言いだし、関係は良好です。

 

 

○高橋家

高橋家は私の祖母の実家です。祖母の兄も弟も病死、戦死したため跡継ぎがいなくなり祖母の次男(私の伯父)が養子で行きました。高橋家自体は明治30年ごろに隣の字(600mくらい向こう)から引っ越してきました。

曾祖母は戦争で息子を亡くしているのでその養子に来た次男(曾祖母からすれば孫になる)に毎晩、毎晩、地区の歴史を語ったので孫は(私からすれば伯父)興味をもち色々覚えていたのでしょう。

曾祖母自身が養女で高橋家に入ってきた人物ではあります。(高橋家は代々養子取りです三代続けて養子、婿養子も入れるともっと多い)

ですからなんとしても家を守ろうとする意識が高かったのでしょう。

そのため伯父は家の歴史に詳しくなり私がいろいろな事を聞いても教えてくれました。

また大変古い過去帳が出てきました。(過去帳があったのは後にも先にもこの家だけです)

大学生の時に伯父と一緒に菩提寺に伺いお寺の過去帳を拝見しましたが、家の過去帳よりは遡れませんでした。

この伯父が私の先祖調査でとても協力的な方で母方の先祖の殆どを協力していただきました。この伯父がいなかったらこれほどは

分かっていなかったかもしれません、時に近隣に先祖がおり付き合いもあったので一緒に行ってもらいました。

2004年の2月に横田家にうかがった時に(三男系統)興味深いことをおっしゃりました。

そこの横田の当主は「わしが高橋だ」言われました。

よくよく話を聞くと「もともと自分の家は高橋だったが、娘しかいなくて横田の三男とその娘と結婚したので千田という苗字になったが、もともとの財産や家や土地は高橋のものだ。」とのことです。

 

 

学んだこと

親戚の中には必ず一人くらい、家の歴史に詳しい伯父さんや叔母さんがいます。

そんな人には必ず何回もあっていろいろな話を聞きましょう。かなりの事がわかります。

またそのような伯父、伯母は先祖探しにも協力的なことが多いので一緒に遠縁に行くことも

出来ますし顔がきくことが多いです。

またそういう家は、位牌や過去帳がある可能性も高いですし、墓もきれいに掃除されており、たとえ自然石の墓でも、これは誰々の墓だと教えてくれる場合があります。

また、その伯父さんの紹介で別の親戚の家にいける場合もあります。

特にその親戚が本家の場合は付き合いも広いので、自分にとってはほとんど他人であって存在すら知らなくても、伯父からみれば二従兄弟くらいの関係であって親戚付き合いをしている事もあります。

そこから紹介してもらって、家を訪ねることも可能ですし、伯父からの紹介があれば(または一緒に行けば)信頼されますので、胸襟を開いていろいろ教えてくれるでしょう。

そして、また別の親戚を紹介していただくというのが、ベストな方法です。

 

○鈴木家

鈴木家は母の実家です。鈴木家は祖父が養子なので家の血統は途絶えてしまいました。

曽祖父が祖父に鈴木の歴史を何も伝えておらず、また伯父たちも全然興味がないので、知らないまま亡くなってしまいました。

また私の従兄弟もまったく興味がないので一家の歴史は何も分かりません。

 調べた順序としては

1、はじめに墓を見て(これは毎年墓参りをしている所)それから伯父さんに聞いたが「よくわからん」とのこと。

 

2、次に戸籍を遡れるだけ入手したら、墓よりもう一代遡れました。

現在墓は無いというよりか合塔になっている。墓の隣に自然石の石が積んである。

 

3、それから、仏壇の位牌を見たら高祖父の母親の位牌が出てきた(戒名のみ実名は不明)1836年死亡

 鈴木はその地域に3〜4軒あるが昔は同じ一族だったのかな?と思います。

寺の過去帳を見ればもう少し遡れそうなのだが、伯父さんやイトコも興味がないので紹介してもらえなかった。

また、厳密に言うと従兄弟は血族ではないため(養子だから)あまり興味がわかずそれで終わりにしました。

 

学んだこと

養子が入ると一族の歴史が途絶える可能性が多いです。

なぜなら養子にきた人間は自分の実家ではないのでその家の歴史にあまり興味がないのでしょう。

また、養父も年寄りになってから(40〜50歳でもうこどもができない年齢になって)から養子にもらうので、養父が亡くなるまでの時間が短く伝承がうまく伝わらないのも原因ではないでしょうか?

よほどいって聞かせるか、書き記さないと子孫に伝承が伝わりにくいです。

 

 

小谷(こたに)

小谷家は私の高祖父の実家の家です(婿養子に入る前の実家)

岩本家の戸籍を遡っていくうちに、「岩本源治郎」が婿養子で小谷家から来たことが判明しました。

小谷家(4軒くらい?)に「源治郎の父親である小谷延蔵さんは知りませんか?」

という手紙を書いたら「自分の家である」という方から手紙を頂きました。

手紙には「私たちには子供がいなく親戚も少なく、もし来る便があればよってください」とあったので、

大学1年のころ原付で5時間かけてお邪魔しました。そうしたら位牌や旧墓があり1700年代まで判明しました。

そんな小谷家の当主も私が大学3年の頃には亡くなられました。まさに危機一髪でした。

当主の話によると、昔は下役人みたいなことをしていたらしく、何の役人かは不明(米か?鉄か?おそらく鉄ではないか?タタラ等)屋号は「保賀」で家のある場所が「保賀谷」という谷にあります。

小谷の旧墓に保賀宇右衛門姉(坂根冶兵衛母)天保6年3月25日亡とあるが、坂根は保賀の隣の字です。

 

学んだこと

小谷さんは手紙を書いたら、快く家に来てくださいとおっしゃってくださいました。

はじめは、無視されたらどうしようとか色々考えましたが、実際には丁寧な文章で来てくださいとあったので大変嬉しかったです。それ以来、手紙を書くことが苦にならなくなりました。案ずるより産むが易しです。

先祖を探すときには多くの方に(特に古い先祖を探すときには、関係があると思われる方全て)手紙を書かなければなりません。

そうなったときに躊躇していてはなかなか進みませんが、思いきって行動してみると、思いがけない収穫があることがあります。小谷さんの家はまさにそのような家でした。

 

 

○青山家

青山家は私の6代前の先祖です。

これは戸籍から住所が分かったので手紙を書いたら返信で「実際に青山六左衛門はいます」とありました。

実際に伺い墓を見せてもらいました。墓所に案内されてみましたが、墓が沢山ありました。合塔で1代から10代までの先祖の戒名と没年が彫ってありました。

この家も昔からの旧家で一番古い墓は1600年代がありました。

そのときはそれに満足し、位牌や過去帳のことは調査しませんでした。

2004年になって、青山の家紋をみたら銀杏でこれは岡山家の青山氏と一緒ではないですか。

そこで戦国時代末期毛利が岡山まで版図を広げたときにその一族の誰かが移住したのではないか?

と考えました。

 

学んだこと

ここの菩提寺も和尚さんが亡くなって廃寺になっていました。廃寺になっているお寺は意外と多いのだなとおもいました。

また、高祖父母まで行くと家が8軒になります。その上は16軒。

そうすると、結構古い位牌をもっていたり、墓がたくさんあったり、旧家の家があったり、先祖を尊ぶ家に当たったりします。そうなると墓の古いのがあったり、伝承が豊富だったりします 

 

○佐藤家

佐藤家は坂本サト(私の高祖母)の実家で粟田にあります。

大学時代に戸籍は入手して佐藤辰右衛門の長女がサトだ、ということは確認できましたが、佐藤辰右衛門の戸籍はもうないとのことでした。

そこで電話帳で粟田の佐藤に全部手紙をだして「辰右衛門さんという方はご存じないですか」と書きました。

10軒中4軒から返信があり、全ての返信が「知りません」とのことでした。そのときはそこでやめました。

2004年になって、もう一度再度挑戦しました。なぜ、そんなにこだわるのかというと、明治19年の戸籍で辰右衛門は父の名前で記載されているのですが、そこには名前の前に「亡」と記載されていないからです。ということは明治19年の時点では生存していたということになります。そこの役場は今まで一回も戸籍を破棄していないので絶対にあるのではないかと確信していたのです。

(もしくは前戸主で記載されているのではないかと) 

実際に役場からの返信はやはりないとのことでした。しかし役場の怠慢ではないかと勘繰り(別件で無いと言われた戸籍がよくよく探したらあったとか前戸主名で記載されていたとか)いろいろな法律を駆使して粘ってみましたがやはりないとのことでした。

粘った方法

・戸籍法12条の2で直系尊属は戸籍を請求できる。

・役場には前戸主名簿というものがあり除籍謄本の前戸主でも検索することができる。

(戸主でなくて前戸主が佐藤辰右衛門でもわかるはず)

・戸主が辰右衛門でなく前戸主が辰右衛門であっても記載されていれば請求は可能

・民法897条

系譜、祭具、墳墓の継承はそれを主宰すべきものがもつ

そんな折「明治19年戸籍は、壬申戸籍を書き写したものなので、明治19年で亡と記載されていないものは、明治5年の時点で亡くなっていないだけで、明治19年ではすでに亡くなっている可能性もある」ということがわかり。ということは、壬申戸籍に佐藤辰右衛門が戸主の戸籍があるが明治19年版では辰右衛門の戸籍はないということになり残念でした。 

辰右衛門の戸籍はなくても息子の戸籍に父親の名前で記載されているのではないか?と考えましたがどうすることも出来ませんでした

実際にはサトしか子供がいなくて家がつぶれたという可能性もありますが、昔は家を存続させるためには養子をとってでも存続させましたので、サトしか子供がいなければ婿養子をとる可能性が高いです。サトが坂本家に嫁にいくということは、息子が絶対にいたのではと推測しました。

最終推測としては、

1佐藤辰右衛門にはサトと息子がいた。

2本人は明治5年には生存していたが明治19年には死亡していた。

3サトは坂本家に嫁にいった。

4息子は後を継いだ、息子もしくは孫の代で断絶。

孫の代でもなくなったのは昭和初期になるので、そこで断絶したら、現在の粟田の佐藤さんに聞いてもわからないだろう。また戸籍も戸主の名前が不明なので請求自体が不可能ということです。

学んだこと

明治の中期以降に亡くなった人間は比較的探すのが簡単です。

位牌や墓が存在していますし、現在生きている方から見て祖父〜曽祖父から伝承で聞き知っているでしょう。

しかし、もう1世代前となるといきなり難易度が上がります。

それは亡くなった人間が江戸時代や明治の初期になるからです。

そうなると、墓が無いもしくは自然石の墓になり何も彫っていない墓になるため、確認が出来ません。

さらに、よほど歴史について詳しくいって聞かせている家でない限り、伝承もそこまでは伝わらないからです。

またその家の直系卑属がいなくなって断絶している家もあります。

家を続かせる難しさ、なかなか男子直系で続いている家はありません。

いろんな直系先祖の戸籍を入手しましたが養子もしくは婿養子で家を続かせている家も少なからずありました。

現代の少子化でますます、その難しさは上がってきているのではないでしょうか?


後日談

更に数年経って平成20年の事ですが、私の田舎の近隣の家で葬式があり父が葬儀に参列しました、その家は佐藤家ですが、私の先祖である佐藤家とは場所も違いますし、ただの同姓だと思っておりました、そうすると故人の弟にあたる人が父と話して「実は佐藤家は粟田の出である何かしらの理由でこの村に来た」との情報を得ました。
となると、この佐藤家の戸籍謄本を遡れば明治19年戸籍で「明治○○年粟田村から転籍」 や戸主の父親名に佐藤辰右衛門の名前が記載
されているのではと思いなんとか現在の当主の方に委任状を作成して頂き戸籍の請求をしました。

ミラクルがおこりました。
やはり伝承通り粟田村から来ておりました、しかもその戸主の叔父が独身のため籍に残っていたので、佐藤辰右衛門の父親に当たる
人まで判明した次第です。

先祖探しをしてはや20年弱になりもう分からないと思っていたのにも関わらず、ひょっとしたことからもう一世代遡れたのが印象的でいた

家系図

佐藤源三郎・・・・・・佐藤辰右衛門・・・・・佐藤啓太郎・・・・佐藤某・・・・佐藤のおじいさん(亡くなった方)
                     ・
                     ・・・・坂本サト・・・・・・坂本某・・・・・祖父・・・・・・・父・・・・・・・・・私             


また 役場に父親名が辰右衛門と記載されている戸籍も存在していたということになります。
上記で請求する時に戸主が辰右衛門はないと思いますが、息子の戸籍の父親名に辰右衛門が記載されているものが存在している可能性が
ありますので、調べて下さいと依頼しましたが、ないとのことでした。(嘘でした)