位牌について

位牌はもともと中国の儒教が起源で日本には鎌倉、室町時代に禅宗と一緒に伝えられたようです。始めは皇族や将軍が使用していました。現在のように一般化したのは江戸の中期ですが、その頃使用できたのは相当に裕福な家のみでした。庶民が持てるようになるのは、江戸時代後期になってからです。


位牌には色々な形があり、その形で時代を特定することもできるそうです

位牌には、戒名(法名)、俗名、没年、享年が記載されていますが、記載もれも多いです。

宗派によっては、俗名(法名)が書き込まれていないことがあります。詳しく調べてみましょう。

(例えば、浄土真宗では亡くなった人は全て仏になると説かれており、そこから「亡くなったらみな仏になるから生前の名前は必要ない」という俗名軽視になり、俗名が書き込まれていない事があるようです)

位牌にも色々な種類があります。新しい位牌は(明治以降)一人一人の位牌があり立派なものがほとんどですが、江戸時代の位牌は少し違います。庶民は江戸時代以前はみんなが同じ位牌の中に入っていました。

イメージとしては屋根型の位牌ケースです。その屋根がとれるようになっておりその中に木の板が7〜8枚入る作りで1枚1枚の木板が位牌です。木板ですので粗末なものです。表裏書いてあるので注意してください。

先祖調査をしていくうちで一番大切なものが位牌です。

なぜならば、庶民のほとんどの家が江戸時代の過去帳を持っていないからです。

明治以降の墓はたくさんありますが、江戸時代の墓はあったとしても自然石ですので個人の名前や没年がなく、祭られているのが誰だかわからない状態が数多くあります。しかし、位牌は家が火災でなくならない限り、大抵残っているものです。この位牌で数代前に遡ることが可能です。

しかし、江戸時代のものは草書で書かれていることが多く、素人目に字が判読できなくなってきます。

そんなときはデジカメ撮影後、分かる人物にみてもらうという手もあります。(図書館の中の古文書館の方に聞いてみると分かるかもしれません)

 

 江戸時代の位牌(木板でこのようなものを7〜8セットにしてひとつの屋根つき位牌の中に入れている

 

現代の位牌(個人に1つづつありしかも立派なものが多い)

戒名について

本来、戒名とは「出家した人」に与えられる名称でした。僧侶であれば得度式を終えたあとで戒名を授けられます。

一般の人は亡くなってお葬式の時に戒名をつけてもらうのが一般的です。(日蓮宗では法号、浄土真宗では法名という)

戒名は、仏教への貢献度、社会的業績、性別、年齢、人柄、生前の生き方などを考慮してつけます。「お布施次第で良い戒名をもらえる」といわれますが、戒名に上下はありませんし、良い悪いもありません。

がしかし、生前にお布施を払って、戒名をつけてもらう権利を買うこともあります。(一人30万円、親子二代で50万円など)

○戒名の例

院号

道号

戒名

位号

◎◎院

○○

□□

居士

◎◎院

○○

□□

大姉

道号

戒名

位号

○○

□□

信士

○○

□□

信女

 

 

「院号」は天皇が出家されたのちの御所を「◎◎院」と呼んだのが由来ですが、本来はお寺に院ぐらいの敷地と、院を喜捨したものが得るものでした。(それだけ位の高い人しか許されなかった)

「道号」は仏教を習得した人に生前の徳を讃えてつけたものが始まりです。後に一般化して家名、地名、雅号等から採っています。なお浄土真宗では道号の所に釈(釋)の一文字を使います。

「戒名」この部分が仏様の本当のお名前です

「位号」は敬称です。男女対称になっているのが普通です

成人男子:大居士 居士  禅定門  信士など  男の子供:童子

成人女子:清大姉 大姉  禅定尼  信女など  女の子供:童女

それ以下の子供:嬰子、孩子、嬰女、孩女 水子など

男性なら、巌、女性なら妙、室が多く使われていますし、長生きをした方なら翁がはいります。没した季節により、春、夏、秋、冬を入れる場合もあります。あとは宗派によって若干違います。浄土真宗なら男は釈、女は釈尼を道号の所につけます。

院号や位号で当時の家格や経済状態がしのばれることもあるようです。盛運や衰運など家の歴史を考えることもできます。地域によっては、藩の法令で、庶民の院号、居士号を禁止したところもありますので、地域的背景も調べたいものです。幕府や藩にとって宗教対策は重要な問題で色々規制をしていました。戒名を調べる時は歴史的背景に留意したいものです。