電験3種の勉強法や認定免状・試験と実務経験

受験する人が多く人気の高い電験3種ですが、認定で取得することも出来ます。電験3種の免状は認定された工業高校や大学などで、認定された電気科を所定の単位を取得して卒業することが基本となります。その後定められた条件の実務経験を経てから申請して、認められた場合には取得することが出来ます。電験3種を認定で取得するには、手続きを行う方法もあります。経済産業大臣に学歴、または資格、実務経験の証明書を添えて、提出するという方法です。書類を提出することにより、科目の一部が試験の合格科目として認定されるのです。高校や大学、専門学校や短期大学で指定の単位を取得しても、電験3種の実務認定を受けることが出来ます。試験だけではなく、色々な方法で実務認定を受けることが出来るのです。しっかりと技術も学びたいという人は、やはり高校などの電気科で学んで試験を受けるほうがいいかもしれません。電験3種は認定で取得することも出来ますが、試験での取得と認定での取得では、免状の交付番号に違いがあり、すぐにわかるようになっています。やはり、試験で取得したほうが高評価を受けやすいようです。また、実務認定には会社などで書類を記入してもらわなければなりませんし、口頭で質問を出される場合もあります。

電験3種の資格と就職や免状

電験3種は就職に役立つ資格だと、多くの人が受験をしています。かなり人気が上がっている資格のひとつでもあります。試験を開催しているのは、(財)電気技術者試験センターです。転職にも有利な資格で、年配の方も多く受験している試験です。電験3種の資格を取得すると、電圧が5万ボルト未満の電気工作物の、電気主任技術者になることが出来ます。ほとんどの工場やビルで電気主任技術者になれるという資格なのです。資格を有効に活用することが出来て、年齢を問わずに多くの場で活躍できるのが人気の秘密なのでしょう。電験3種の資格を取得すると、会社によって資格手当てがつきます。金額は会社によって違いがあり、2,000円ほどのところもあれば、1万円ほどの手当てがつく会社もあるようですので、手当てについては会社に問い合わせるといいでしょう。電気事業法によって、事業用電気工作物の設置者(所有者)には、電気工作物の工事、維持、運用に関する保安の監督をさせるために、電気主任技術者を選任しなくてはならないことになっています。安全のために有資格者をという法律ですが、こういった法律により電験3種の有資格者は、多く求められている人材でもあるのです。

電験3種の資格・就職や求人

電験3種の資格を取得し、就職先を探す場合、自分の力で就職活動を行います。近年就職先を見つけるのはとても困難といわれていますが、有資格者は就職にも転職にもとても有利で、多いに活用すれば就職活動はそれほど難しいものではありません。求人情報などに直接「電験3種有資格者募集」と書かれることはほとんどありませんが、電験3種の資格があれば、ビル管理を行うことができるので、管理分野ではよく見かけるかもしれません。せっかく資格を取得したのなら、活かした仕事に就きたいものですよね。各種製造業の工事設備管理や、電気設備工事会社、テナントビル運営会社などでも、電験3種の有資格者を募集することがあります。電験3種が必須という場合もありますので、しっかりと情報を集めるようにしましょう。ネットを利用して就職活動を行うことも出来ます。取得した資格など履歴書を登録すると、数多くある求人情報の中から適職を探してくれます。資格を生かした就職活動が出来ますよ。自宅にいながらたくさんの求人情報が得られるので、とても便利だと活用している人も多くいます。企業からのオファーを受けることが出来るというサービスもあります。

Copyright © 2008 電験3種資格取得勉強方法と実務経験・就職&求人