Topページに戻る

準備

スマイルデコーダは車両だけでなく、ポイント用スケッチを書き込む事でポイント用デコーダになります。
KATOのNゲージ用ポイント【20-202 電動ポイント6番(左)EP718-15L】をDCC化します。

■基本的な接続図



スマイルデコーダのCN1 RAILINを線路に、CN2 MOTOR OUTをポイント用コイルに接続します。


■必要な部品リスト

番号

部品名

仕様

価格

URL

 

スマイルデコーダ(完成品)

 

 

URL

 

電線(AWG30くらいの細い線またはポリウレタン銅線)

※1

 

URL

 

青LED(転轍表示直進(本線)側用)

超高輝度3mm青色LED OSB56A3131(10個入)

200円

URL

 

橙LED(転轍表示分岐側用)※2

超高輝度3mmオレンジ色LED OS50AA3131A(10個入)

200円

URL

 

金属皮膜抵抗1/4W 2kΩ ※3

カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗)1/4W 2kΩ(100本入)

100円

URL

 

高速スイッチング用ダイオード ※4

汎用小信号高速スイッチング・ダイオード 1N4148 100V200mA(50本入)

100円

URL

 

収縮チューブ

熱収縮チューブ(スミチューブC クリア)Φ10x0.25x1m

60円

URL

 

ポリイミドテープ、収縮チューブ

※5

 

URL

※1 線材は、千石の地下室で売っていた協和ハーモネット株式会社製のUL1571AWG30 2m×6色というのを使用しました。
※2 色が気に入らなかったので、手持ちの電球色を使いました。
※3 高輝度タイプのLEDなので、2kΩでも結構明るいです(お好きな抵抗値で)
※4 何でも良いですが過渡回復が早いタイプを選びます(整流用ダイオードは不可です)
※5 KATOのポイントの裏ふたがアルミなので、回路との絶縁にポリイミドテープを使います。(お好きな絶縁テープでも可)
  LED周りの空中配線が気になる方は、細い熱収縮チューブをかぶせます。


スマイルデコーダをKATOのポイントに組み込む

■ポイントを分解します。


KATOのNゲージ用ポイント【20-202 電動ポイント6番(左)EP718-15L】を使用します。
昔、ポポンデッタで中古品を買っておいた奴です。


裏側の写真。


裏蓋が止まっている2箇所のネジを外して、裏蓋を外します。


【クリックすると画像が大きくなります】
赤、黒のリード線を外します。
外す際、コイルからの線も一緒にはんだ付けされていますので、コイルからの線が左右入れ替わらないように
しておきます。(入れ替わっても、直進・分岐が入れ替わってしまうだけです。後で直せます)

■LED取り付け用の穴を開けます(転轍(てんつき)LEDが不要な人は加工しなくても良いです)


LEDの位置は、車両の接近限界点を兼ねてこのあたり。


完成の写真


100均で買ってきた、ピンバイスで穴を開けて


100均で買ってきた、丸棒やすりでφ3mmの穴を開けます。大きく開けすぎるとLEDが付かないので、キツメにします。
※あとで接着剤で固定するのであれば、緩めでもよいです。(私の場合はキツメで開けてLEDを嵌めているだけです)


直進用と分岐用のLEDが取り付けました。
LEDの実装方向は、内側がアノード(足の長いほう)になるように取り付けます。

配線用の穴を開けます。上側と下側に二箇所開けています。
※以前 DZ123 を取り付けるときは、ざっくりとニッパーで切り落としていました。


スマイルデコーダを配置するのに邪魔な出っ張りをニッパーでカットしてヤスリでならします。


こんな感じで、LED、スマイルデコーダを実装していきます。


スマイルデコーダのCN1 RAILIN、CN2 MOTOR OUTに線材を取り付けます。
AWG30の線材で、ツイストさせたものを使っています。
※線色は趣味ですので、好きな組み合わせでどうぞ。


【クリックすると画像が大きくなります】


【クリックすると画像が大きくなります】

以下の布線表を元に接続してくだい。

番号

線材

1

2

3

R1-1

4

D2-K

5

D1-K

6

SmileDecoder CN1-1

7

SmileDecoder CN1-2

8

SmileDecoder CN2-1

9

SmileDecoder CN2-2

10

LED1,2

LED1-A(アノード)

LED2-A(アノード)

11

LED1

LED1-k(カソード)

D1-A(アノード)

12

LED2

LED2-k(カソード)

D2-A(アノード)



【クリックすると画像が大きくなります】
裏蓋の基板側になる面に絶縁テープを貼ります。
※ポリイミドテープと指定しておきながら、100均で購入した梱包用テープを貼っています(^^;


ちょっとわかりくいので、マニュアルを作りました。
OpenOffice Writer版をダウンロード、PDF版をダウンロード。


動作確認

■配線チェック
・LED、ダイオードの極性、抵抗値、配線の接続先、ハンダ付け状態をしっかり確認します。
・レールの左右にテスターを当てて、ショートしていない事を確認します。
 (A端子、B端子の配線を間違えるとショートになります)

■動作確認
・DCCの電源をONにします。
・ポイントの直進/分岐の状態によって、LEDが点灯します。
・手動で直進/分岐を操作し、それぞれ点灯する事を確認します。
・LEDの明るさが気になるようでしたら、抵抗値を調整します。
・点灯条件が直進/分岐の状態が逆の場合は、布線表の番号4と5が入れ替わっています。

■ポイントデコーダの書き込み
組み立てる前にやった方が楽ですw
Desktop Stationさんのwebページから、ポイント用スケッチをダウンロードして書き込みます。
書き込み方法は省略。ココを見てください。

【クリックすると画像が大きくなります】

■CV値の書き込み
初期のアドレスは不定なので、使いたいポイントアドレスに設定します。
KATOのコマンドステーションDCS50Kで書き込む場合は、ポイントをプログラム線路に接続。
プログラムモードに設定してCV1を書き換えます。
※CV値の読み出しは出来ません。

■おかしいなとおもったら
・動かない→配線や部品の取り付け状態をよく確認する。
・よくわからない→FDTIのケーブルを取り付けてArduinoのシリアルモニタで動きを確認する。
(最初動かなくて、原因を調べるために、思いついて接続しました)
(単純にアドレスが設定されていなかった為)


【クリックすると画像が大きくなります】

【クリックすると画像が大きくなります】

以下の布線表を元に接続してくだい。

番号

線材

1

黒線(AWG30)

スマイルデコーダ GND端

FDTI 1,2番

2

黄線(AWG30)

ATMEGA328 31PIN(線材を付けるのが難しい)

FDTI 5番


完成写真

【クリックすると画像が大きくなります】


【クリックすると画像が大きくなります】


【クリックすると画像が大きくなります】

KATOのD51K1との比較
専用のデコーダだけにあって、かなり小型化されています。


【クリックすると画像が大きくなります】

実は数mm浮いてしまいますが、スマイルライタのI/Fの切り取り、収縮チューブを薄手のタイプに変更することで、
浮きを少なく出来そうです。


動いている雰囲気



スケッチのリンク

スマイルデコーダ
Desktop Stationさん配布のデコーダ
ここには、
・車両スケッチ
・車両VVVFスケッチ
・車両VVVFスケッチ+メロディスケッチ
・ポイントスケッチ
・ヘッドライトスケッチ
があります。

リンク

Desktop Stationさんのwebページ
Smile Decoder (DSdecR3) wiki
Smile decoder (DSdecR3) ノウハウ集 wiki


2015/09/23 初版
2015/09/25 完成写真、動画を追加