注意事項

ここで扱っているものの改造に関して、このHPの管理者は一切責任をおいません。
自己責任でお願いいたします。
ケースを開けることによって、メーカのサポートが受けられなくなります。

KATO EF65 DZ123デコーダの取り付け

KATO EF65に、DZ123デコーダを取り付けるレポートです。

DCC化するKATO 3011 EF65 \4,800です。
←クリックすると拡大します。



ボディーを分解します。
とりあえず開けてみましょう。

←クリックすると拡大します。

あー、いやな予感。



デコーダは取り付きそうです
←クリックすると拡大します。



今後の予定、シャーシを削る。



続きデス。
まずはシャーシとモータ端子部分を絶縁します。
絶縁されていることを、テスターを使って、シャーシの右と左がショート状態でないことを確認します。
←クリックすると拡大します。
※最初、絶縁に使用したテープが薄くてモータ端子とこすれて、穴が開いてショートしてしまいました。



モータにデコーダからの線をつなぎます。
←クリックすると拡大します。
※見栄えよくするために配線を、よってみました。



ライトの加工です。
ランプとダイオードを撤去します。
ダイオードと抵抗を取り付けます。
←クリックすると拡大します。
←クリックすると拡大します。
※白色LEDと抵抗は1kΩを取り付けました。



パターンをカットします
レールからの集電部分と切り離すために、パターンをカットします。
カッターで切込みを入れて、パターンを削り取ります。
←クリックすると拡大します。
←クリックすると拡大します。



組み合わせます。
ライト基盤の抵抗のリード部分が、シャーシと接触しているため絶縁します。
←クリックすると拡大します。
←クリックすると拡大します。



ボディーを取り付けます
デコーダーが取り付けられるように、ボディーを加工しました。
←クリックすると拡大します。



完成デス
ランプ点灯も良好です。ただし、フライホイールが取り付けられていない旧タイプなため、
動きが滑らかでないです・・・
←クリックすると拡大します。



2007.06.30 初版
2007.07.01 2版