Topページに戻る

aitendo の Bluetoothモジュールについて

aitendo の 安価なBluetooth [EGBT-046S-P] を使ってみたよ。
【注意】技適が取られてない為、電波暗室等の外部に電波が漏れない場所で使ってください。

技適が取得できている、秋月のBluetoothを推奨します。

必要な情報は以下のサイトから(^^;

ブルートゥースモジュール [EGBT-046S-P]

BTモジュール

HC-05 and HC-06 zs-040 Bluetooth modules. First Look

Arduino and HC-06 (ZS-040)


さて、買ってきた直後はシリアルポート側のボーレートが9600bpsになっていますので、
115200bps への変更が必要です。
ボーレートの変更はシリアルポート側からコマンドを送り込んで設定が必要です。

以前、DCCデコーダー開発ボード用に購入した、FTDI USB・シリアル変換ケーブル(5V)が必要です。



こんな接続ケーブルを用意します。
BTモジュールのRXD端子は3.3V I/Fなので、TTL-232R-5V のTXD端子に1kΩと2kΩの分圧抵抗回路を入れます。

Vo=5/(1k+2k)*2k で、Vo=3.333位になる分圧抵抗です。



全体写真



接続ケーブル(【注意】分圧抵抗が付いていないように見えます)
※ボーレートを変更したときは、分圧抵抗を付けていませんでした・・・




参考サイト:MULTICOPTERに挑戦(multiwii) マイ・エルゴ30さんのWebページ

■Arduino IDEのシリアルモニタを使って初期設定を行います(Macの画面で紹介します)
ボーレートを9600bpsに設定します。



【AT】という半角大文字を入力して、return キーを押すと、正常であれば【OK】が返送されます。


11520bpsに設定する為、【AT+BAUD8】という半角大文字を入力して、return キーを押すと、正常であれば【OK115200】が返送されます。


Arduino IDUのボーレートを11520bpsに設定します。


【AT】という半角大文字を入力して、return キーを押すと、正常であれば【OK】が返送されます。


モジュール名を入力して、return キーを押すと、正常であれば【OK】が返送されます。
それっぽい名前にします。



■stickPC(Windows10)にて、Bluetoothの設定を行います。

Bluetooth デバイスをONに設定します。



パスコードを入力して(デフォルトは1234です)




なんか、2ポート見えていて良く分からないですが、COM3を使用





DisktopStationを開いて



COM3 115200bpsに設定して完了です。






2016/01/20 初版