工房双葉 注文家具

木の家具と創作雑貨のお店

工房双葉

トップページ 製作品案内 展示会日程 製作者紹介

地図 ブログ つれづれ工房日記 リンク 三富展


双葉マークつれづれ工房日記

201720162015201420132012

2017年 週刊ニュース

6月18日(日)

見積り仕事に追われた1週間でした。
作る仕事はなんでも作っていれば良いというものでなく、
意匠的、実用強度も組み合わせたデザインから経費、製作時間、製作者の技量を含めて、モノは完成されます。
完成されたものが、モノの評価に繋がりますが、すでに作られる前からモノの完成度は粗方、決まっているかもしれません。
段取りは大事で、色々と難しいものですね。
この間、梅酒を漬けてみました。出来上がりが楽しみです。

6月11日(日)

頼まれていた小物の仕事をやり始めました。
今までに使ったことのない、果樹の材料なので楽しくやらせてもらっています。
材によって、様々な個性があり、新しい発見があります。自分からというのは、思っていてもなかなかできることでもないので、貴重な機会です。
本日は、ウェスタ川越でにぎわいマルシェに出展します。どうぞお越しください。
ご近所の田んぼの稲は、青々と育ってきて、水面に苗が写り、とても清々しい情景です。一番、この時期の田んぼが素敵です。

6月4日(日)

いろんな用事で、しばらく工房の仕事を休みました。
普段の何気ない生活は、いろんなモノの下支えがあって、はじめて営まれていると改めて感じる日々です。クラフトの仕事も同様です。
モノ作りから離れていたので、何か「作りたい」という衝動がみるみると湧き上がってきています。
来週日曜日は、ウェスタ川越でにぎわいマルシェに出展します。どうぞお越しください。
今はいろんな植物が花盛りです。何かを美しいと思えるものが状況が、日々、成り立っていることはとても大事なことです。

5月28日(日)

先週の『五月の空』-hand to hand 私たちのクラフト-に、お越しいただいた皆さま、有難うございました。
5月にしては、少々暑過ぎる天候でしたが、無事に開催できました。また来年もお会いできたらと思います。
遅まきながら、キュウリ、ナス、トマトなど夏野菜の苗を植えました。
今年はどうなることやら…
今週は植物にとっては、恵の雨が降り続きましたね。私は雨の日にウチで静かにしているのが、心休まります。

5月21日(日)

天候が夏に向けて、徐々に変わりつつありますね。
昨日はで歩くには、少々暑い日でした。
本日最終日です。川越 小江戸蔵里にて『五月の空』-私たちのクラフト-に出ています。
どうぞ、皆様お越しください。
田んぼに水が入ると、カエルの鳴き声があちこちで聞こえるようになります。何気ないことですが、ふと、心が癒されますね。

5月13日(日)

暖かい日、というより暑い日が続いていますね。
昨日は久しぶりに強い雨が降りました。
本日は、日比谷公園でみどりとふれあうフェスティバルに出展します。
ご近所の田んぼでは水が入り始めました。水に映る風景は何か清々しくもあります。この季節ならではです。

5月7日(日)

ゴールデンウイークはいかが過ごされましたか?
お休みの時は、周りの空気がどこかゆったりとしていて、なんか好きです。
来週13、14日は、日比谷公園でみどりとふれあうフェスティバルに出展します。
ご近所では家族、親戚縁者総出で、田植えに向けての準備を進めていました。こんな光景を見るのも良いものです。

4月30日(日)

イベントに向けて、主に小物の制作をしています。
食卓周りのカッティングボードやうつわを今までのモノとはまた違う要素を取り入れています。
素材的には、どうしても傷みやすいものですから、使い込んでもそれがより良いモノになるようにと、最近は苦心しています。
お客様に見て頂ける機会を楽しみにしています。
家で育った原木シイタケを収穫!! シンプルに塩で頂きましたが、肉厚でジューシー!! 秋が楽しみです。

4月23日(日)

昨年、植え付けたモノが芽を出したり、花を咲かせたりしています。
いろいろズボラなので、自生するに任せています。
それでも種付けしたシイタケが一つだけ育ってくれているので、うれしいものです。
多分、いっぱいできるのは秋以降と勝手に思っています。
5月に入ると出展が続きます。また皆さんにお会いできればと思います。

4月16日(日)

先週4/11まで、浦和伊勢丹にて行なわれました『さいたまの職人展』にご来場の皆さま、有難うございました。
出会いも多くあり、この経験を次に活かせればと思います。
久しぶりに工房(自宅)での仕事に戻りました。
少し、草取りなど自宅の後片付けに追われています。
近所の田んぼでは、田起しが始まり、農家さんが忙しく動き始めました。早いところではそろそろ田植えも始まるのではないでしょうか?

4月9日(日)

今週4/5(水)より4/11(火)まで、浦和伊勢丹にて『さいたまの職人展』に出展中です。
浦和駅周辺に来ると、お世話になった予備校がある所なので、駅近くに来るたびにあの時のことが思い出されます。
その時にお世話になった人達にに20数年ぶりに、たまたまお会いしたりして、感慨深いものもありました。
今回、新たに出会った人達ともこの先に何かあると思うと、一回一回の出会いや縁は面白いものです。
どうぞ、皆様、お足運び下さい。
桜の見頃です!! 一年に一回は身近にある生き物を愛でたいものです。

4月2日(日)

四月、新スタートの時期ですね。
節目節目で気持ちも新たにと、皆さんは如何でしょうか?
今週4/5(水)より、浦和伊勢丹にて『さいたまの職人展』に出展です。
時計など新たに作ってみました。どうぞ、お足運び下さい。
花見と洒落込みたいところですが、そうもいかず…。皆さんはいかがですか?

3月26日(日)

あちこちでサクラが咲き始めましたね。
去年、花芽が出るように剪定したレンギョウが黄色い可憐な花を咲かせ始めました。
植物は素直に応えてくれるのですね。嬉しいものです。
再来週、浦和伊勢丹にて『さいたまの職人展』に出展します。
どうぞ、お足運び下さい。
お天気や身の回りの生き物を見ていると、季節の巡りが楽しく感じられます。そのような心持ちは大切にしたいですね。

3月19日(日)

久しぶりに、青空のもと、出展しました。
春先は天候不順で強風に見舞われることもありますが、一日穏やかな天気で過ごせました。
この時期からいろんなイベントが増えていきますよね。
また、どこかでお会いできればと思います。
いろんな植物が芽を出してきましたね。桜の季節ももうそろそろ。どこかへ出かけたいですね。

3月12日(日)

先日、『スープのうつわとそえる木のモノ』に在廊した時…。
陶芸作家さんの作品が多く展示してあったのですが、生活の道具として、陶と木を素材として比較すると、また様々なことを考えさせられて、興味深い1日でありました。
木という素材を活かすことは、どういうことなのか?、分かりやすく、深いところで考えてみようと思います。
そんなところで、ひとつ、器を買いました(笑)
ひと頃に比べると、随分、暖かくなりました。お昼を食べると非常に眠いです。

3月5日(日)

春に向かって、だんだん季節が変わっていっています。
タンポポが咲いたり、水仙が今にもう咲きそうです。
そろそろ、庭の手入れをしなければいけない時がやってきたなという感じです。
一斉に伸びだすと、手に負えません…。
スズメが最近、日当たりのよい家の屋根でたくさん日向ぼっこしています。ほほえましい光景です。

2月26日(日)

もう2月も終わりますね。
暖かくなってきたのを感じながら、工房仕事に勤しむ日々です。
昨日は、『スープのうつわとそえる木のモノ』に在廊しました。
他の方のモノを見るのは、大変、勉強になりますね。良いモノ、良い作家さんが集まっているので、是非とも、お足運び下さい。
随分と日が長くなりました。明るいうちは電気をつけない工房仕事には助かっています。たくさん仕事できるかな?

2月19日(日)

庭の紅梅が段々と咲き始めました。
梅というのは、寒さが染みる季節に咲きますが、花の小ささと相まって、愛おしい気がします。
今週末から、『スープのうつわとそえる木のモノ』に出展します。
どうぞ、お足運び下さい。
そろそろ暖かくなってきそうな気配なので、ぼちぼち外出してみようと思う今日この頃です。

2月12日(日)

非常に寒く、風の強い日が続いていますね。
工房は、昼間は寒く感じませんが、夕方になるとめっきり冷え込みます。
寒すぎて、仕事の意欲も冷え込みます。そんなことではイカンのですが、夜はぼちぼち作業はやめます。
出来る時間帯で集中してこなすのが、ここのところ大事だなと思っています(←言い訳)
紅梅が、一つ二つと咲き始めました。小さい可憐な花です。寒風吹く中、健気に感じます。

2月5日(日)

まとまった製作途中の商品があったので、作っていたりすると…
何故か、ぽつぽつとまとまって依頼が入ってきます。
このように依頼が同じタイミングに重なることは、結構あります。
世の中の人が同じようなタイミングで物事をこなしているということなのでしょうか? 不思議です。
ウチの庭の紅梅が、つぼみを付け始めました。そろそろ咲くかな?

1月29日(日)

知り合いの絵を見に、久しぶりに都内に出ました。
近くに小石川後楽園があったので、ついでに観覧しました。
作られた時代や経緯は違うにしても、隣にある東京ドームと後楽園も人を楽しませるという意味で出来たのは多分、一緒でしょう。
後楽園から望むドーム(→隔世の感有りですね)を見ながら、どうして、モノが出来たり、残っていったりするのかに思いを馳せました。
今年も早くも1か月が終わりです。皆さんは1月に何かできましたか? 時間は大切にしたいものです。

1月22日(日)

底冷えのする寒さがつづいていますね。
以前、椅子のリフォームの仕事を気に入ってくださり、同じ方から椅子のリフォームを頼まれました。
モノはいずれ壊れるものです。長く使ってもらえるというのは、作り手冥利に尽きますね。
ついに薪が残り少なくなってきました。まだまだ寒い日が続くというのに!!

1月15日(日)

さんとめの林へ落ち葉掃きをしに行ってきました。
落ち葉を集めて、堆肥にし、農作物を作る農家さんのイベントです。多くの方が参加されてました。
寒い日ではありましたが、けんちん汁が振舞われたので、体も温まりました。
ここのところの寒波到来で、薪ストーブに木をくべる時間がついつい長くなってしまいます。火を見るのは飽きないものですね。

1月8日(日)

さんとめの木の、製材所への搬入作業を行いました。
重量のある大きさで、軽トラに乗るかどうか不安もありましたが、無事、製材所まで搬入することが出来ました。
特別な重機で搬出するということでなく、人力に近い形で製材まで出来たのはコストや時間を含めると、大変参考になった事例になりました
(勿論、ちょっとした道具は使っています)
割と穏やかな日が続いております。また白鳥でも見に行ってみようかと思います。

1月2日(日)

穏やかな年明けです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年もみなさまにとって良い年になりますよう、お祈り申し上げます。
『一年の計は元旦に有り』。決めたことをコツコツとこなせるように今年も仕事をしていきたいと思います。
大晦日の話ですが、弱ったタヌキが庭に出現して、逃げるということもなく、陽だまりに居座っておりました。
タヌキも無事に年を越せたでしょうか? ちょっと気になっております。

Copyright (C) 2012 工房双葉 All Rights Reserved.




★★注文家具のお問合せ★★

〒350-0164 埼玉県比企郡川島町吹塚247-2
TEL&FAX 049-297-8909

お見積り無料

ご予算・ご要望・サイズ等に応じて製作いたします。
お気軽にご相談ください。

営業品目

座卓・テーブル・椅子・ベンチ

このページの先頭へ

工房双葉トップページへ