旧キット 1/144 MS-06RII ジョニー・ライデン少佐機 その2

今回のジョニザクは、可動にこだわってみようと思っていたのですが
早くも難問にぶつかりました
ジョニザクってMG Ver2.0でも膝は90℃くらいしか曲がらないんですね
キット選定を誤ってしまったようです^^;
どこまで、可動出来るようになるかわかりませんが作らないことには、始まらないので
で、足から作り始めました

足の甲、足の上下を分割、脛のアーマー部分(?)の分割の変更と長さの調整です

MS-06RII-006

で、これをちょっと整えて
足は上下分割します
ただ、ちょっと足の前後が短すぎるような・・・

MS-06RII-007

徹底可動をめざすべく、足を前後分割しました
しかし、可動をどうするかが決まらず早くも暗雲が^^;

MS-06RII-008

足首ばかりでは飽きてしまうので
胴体をバラバラに
今までしたことがない肩と腹部の可動を何とかしてみようと
目論んではいるのですが・・・・

MS-06RII-009

脛と肘の装甲を分割しました
可動時にMGのように動くようにしようかと・・・出来るのか!?

MS-06RII-010

久々の始動で股関節を、釣り用の浮きを使って
股関節の3軸化をする予定です

MS-06RII-011