旧キット 1/144  MS-06E3 ザクフリッパー 制作状況

アカブの肉球・旧コン2参加用に覗きザクをベースにザクフリッパーの制作です
とにかくザクフリッパーって何?
というくらい何にも知らないので、あっちこっちのネットで調べて自分流に作製

頭部です
プラ板の貼りあわせをひたすら削って作製

MS-06E-060

ランドセルです
ベースは、ザクマインレイヤーをシャアザクにしてしまったので
余ったランドセルをベースに、下部はプラ板にて作製

MS-06E-061 MS-06E-062

ランドセル下部の大型バーニアです
シャーペンの先端金属にエポキシパテをまいて硬化後、削って削って形に
剥離しやすいように台所洗剤を塗っていたのですが、今回のうまくいかず
剥離の際、割ってから接着して削る作業となってしまいました^^;

MS-06E-063 MS-06E-064

ランドセルの周りにある羽?です
プラ板からの切り出しです
1.2mmでは薄いように思われたので0.5mmで1.2mmを挟み込んで2.2mmとして使っています
横はその羽の可動部品です
ポリランナー2mmを3mmのプラ棒に穴を開けて差し込んでいます
非常にめんどくさい作業でした^^;

MS-06E-065 MS-06E-066

で、頭部加工続きです
頭部の基部はプラボード3mmというのを使っているのですが
細かいところには不向きのようです
筋彫りなんかでボロボロ割れます^^;

MS-06E-067

ランドセルは追加パーツを取り付けだいたいこんな感じかと

MS-06E-068 MS-06E-069

で、本体に取り付けてみました

MS-06E-070 MS-06E-071
MS-06E-072 MS-06E-073

頭部アップです
ザクフリッパーに見えますでしょうか?

MS-06E-075

塗装に入ってから、大問題発生
せっかく可動しようと作った羽の基部が塗装により固着
無理に動かそうとして割れてしまうという悲劇に(泣)
対応策として3mmプラ棒に2mmの穴を開けただけでは、強度がもたないと判断
すべての部分に蓋を接着することで強度を増し、塗料の流入防止をすることが出来なんとか完成にこぎつけました

MS-06E-076 MS-06E-077


当初はオミット予定だったんですけどあまりに何も持ってないのが寂しいかなと

MS-06E-090

更に追加として盾です

MS-06E-091 MS-06E-092

画像いっぱいの重いところを最後まで御覧頂きありがとうございました

TOP NEXT