雪に覆われた横手城(蛇の崎橋から撮影)


歴史群像 2016年12月号 【戦国の城】境目の峠道を扼す多重防御施設 出羽 役内渓谷の城砦群に当サイトの写真が使用されました。(しなの舘・浅萩舘・八口内城・小野城・臼舘)


新着更新

2016/2/21 訪城写真集(全国版)茨城県
2016/4/3
新発見の城館!?大威徳山舘
2016/10/30 訪城記(横手市)金沢城「発掘調査報告会」追加
2017/3/20 訪城記(横手市)樽見内古舘松舘悪戸城溥井舘
2017/4/30 訪城記(湯沢市)瘤沢館 (横手市)八木城

<仙北小野寺氏について>


小野寺氏は平安時代後半に下野国下都賀郡小野寺(栃木県岩舟町)を「一所懸命」の地としていたのが始まりと言われている。文治5年(1189年)の奥州合戦よる戦功で出羽雄勝郡などの地頭職を得た。道綱は将軍源頼朝の信任厚く、以降も歴代将軍に近侍している。その為、各地の所領には庶流の子弟を代官として派遣し、惣領は鎌倉に常駐し出仕していたと見られる。南北朝時代に、惣領家も狭小な本領から広大な所領である出羽雄勝郡稲庭に移住したと見られる。小野寺氏は当初南朝方として活躍したようであるが、後に室町幕府に降る。足利将軍と鎌倉公方の和睦により、陸奥、出羽は鎌倉府の管轄となり、小野寺氏も鎌倉府に出仕する。しかし、鎌倉公方の支配に反発した他の有力国人と同じく、室町幕府の京都御扶持衆となり、鎌倉府に対抗した。また、歴代当主は将軍より偏諱を賜っている。この後、小野寺氏は勢力を拡大し、各地に庶子家が分立する。しかし、この時期の小野寺氏の系譜については、史料的裏付けがとれず、不詳な点が多い。

戦国時代に入ると、小野寺氏13代にあたる小野寺輝道のときに、雄勝郡をはじめ平鹿郡、仙北郡の仙北三郡から由利郡・河辺郡・最上郡にまで勢力を広げる有力な大身となり、「雄勝屋形」と称されて最盛期を迎えた。輝道の子・小野寺義道の代になると、戸沢氏、本堂氏、六郷氏など仙北諸将が離反し、天正18年(1590年)の奥羽仕置時には5万4,000石余に換算できる横手城主であったが、奥羽仕置で所領3分の1を削られた。慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いで石田三成、上杉景勝らの西軍に味方したため、慶長6年(1601年)には改易されたうえ、石見津和野に預けられた。ここに戦国大名としての小野寺氏は滅んだ。
義道とその子孫は津和野藩主坂崎氏、のち亀井氏家臣となって幕末を迎えた。 また、義道の末弟陳道は南部藩に、義道の次男保道は横手に残っていたが、かつての家臣筋である新庄藩戸沢氏に仕えたという。さらに、赤穂浪士の一人小野寺十内も義道の子孫と言われている。
(出典:ウィキペディア)

<上浦郡と戦国期秋田の勢力図>
上浦郡(かみうらぐん)はかつて出羽国(羽後国)に存在した郡。現代で言えば、秋田県仙北地方(広義の)南部にある雄勝郡や湯沢市、横手市の周辺が該当する。これに対し、仙北地方北部の角館・長野・生保内周辺の戸沢氏領を北浦郡、六郷・金沢周辺および本堂氏領を中郡と呼んだ。戦国時代には小野寺氏の支配する領域であったが、豊臣政権期には、戸沢氏が北方から侵攻して激戦となった。惣無事令後に上浦南部の三分の一が最上領となって以降は、小野寺・最上両大名間で本格的な戦闘が行われた。
(出典:ウィキペディア)

秋田の戦国時代勢力図