地表の各温度の大気が断熱膨張で上昇すると温度が低下する状況を示す。 このエマグラムは気象現象の基本である。

乾燥断熱線: 

湿潤断熱線: 

乾燥理想気体での 「高度」ー「圧力(気圧)」ー「温度」 の関係

水分が飽和している理想気体での 「高度」ー「圧力(気圧)」ー「温度」 の関係
上昇冷却で水分が凝縮し、凝縮熱が放出されるので高度上昇に伴う温度低下がゆるやかになる。

この図から、乾燥空気は1000mで10℃、湿潤空気では5℃低下することが分る。 普通の空気では6.5℃低下する。

 次へ  | 表紙へ |