膨大な計算をしても、1週間後の予測計算結果は初期値の違いで計算結果は大きく変動する。
そこで、わずかに初期値を変えた計算も行う (気象庁ではこれを「アンサンブル予報」というが、ストレステストの一種である)。
初期値を少々変えても結果にあまり差がない場合は予測精度が高いとみなせる。
その結果から「予報確率」を算出する。       図:気象庁

    次へ  | 表紙へ |