気象衛星、小型ドップラーレーダーが進歩して、 大型レーダーや気象航空機観測の役割が低下した。
船舶や、民間定期旅客機の計測精度も発達し、各国間の情報交換も蜜になって気象データが豊富になった。
これらの情報を処理するコンピューターの発達も寄与している。

  次へ  | 表紙へ |