気象は西から東に移動することは知られているが、関西の低気圧が発達しながら移動するか、衰えながら移動してくるかは上空の気象で判断できる。
地上低気圧の中心に対して、上層の気圧の谷が西に傾いている時は、発達しながら移動してくる。その原理を示したのがこの図である。
縦軸:高度 横軸:東西方向 カーブは等圧線
等圧線の間隔が狭い地点では、等圧線の間の密度が大、すなわち寒冷であることを示す。
等圧線の間隔が広い地点は、暖かくて密度が小さい。 その結果西側で寒気の下降、東側で暖気の上昇が生じる。
その気流を補うように西の北から寒気、東の南から暖気が流入して低気圧が発達する。

  次へ  | 表紙へ |