流体の上下に温度差があると、対流はハチの巣状のセル単位で生じる。
セルの大きさは、温度勾配、粘度、などにより変わる。 これが流れると筒状セルとなり、筋状として観測される。
これが観察される場所は活発な対流が生じている。 人工衛星で観測される冬の日本海。
味噌汁の写真は、大阪教育大学HPより引用

  次へ  | 表紙へ |