対流が激しいと、大きい氷粒も落下できず雹(ひょう)に成長する。
冬の日本海側は対流が活発で雷が多発する。

火山噴火の場合は、火山灰の摩擦で高温でも雷が発生する。

 次へ  | 表紙へ |