一般的CTスキャン;0.23mSv/1回   胸部レントゲン;0.05-0.065mSv/1回  胃レントゲン0.6mSv/1回
癌治療:30-70Sv   NY-Tokyo フライト:0.2mSv/1回

短期被曝100mSv付近から発癌リスクが増大する。それ以下は明確でない。
広島・長崎での1000mSv被爆での発癌リスクは、30歳で42%、20歳で54%UP(放影研)。 100mSv以下では障害は観察されていない。
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/CzzGNkJNyt

一般に、短期被曝100mSvで発癌リスク1.05倍という数字が使われている。 すなわち、. 短期被曝100mSvで 
日本人の生涯での発癌リスク 30% が 30.2% になる可能性がある。 しかし、
個々の癌に対して、それが放射線によるものか、生活習慣によるものかの区別はできません。(次ページ)

  次へ  | 表紙へ |