出典: 国連科学委員会(UNSCEAR) 1992報告 旧科学技術庁「生活環境放射線」

日本人は生涯医療で100mSvを越える被曝をしており、発癌リスクは3%程度増大しているという説がある(2004オックスフォード大Berrington)

 | 次へ  | 表紙へ |