日本の自然放射線は平均は世界平均より小さい。 主に地質の違いによる。
西欧の場合(国連科学委員会2000年)
 ハンガリー: >10mSv 人口の1%が居住 7-10mSv  10%が居住
 デンマーク: 7-10mSv  2%が居住
 イタリー:   7-10mSv  1%が居住

図は鹿児島大資料
http://gene4.agri.kagoshima-u.ac.jp/~ri/natural_radiation_close.html

 | 次へ  | 表紙へ |