内部被曝線量は組織によって大きく異なるので、個々の臓器に対する組織加重係数を使って積算した実効線量を使う。
前ページに示したように、吸収線量×放射線荷重係数=等価線量

組織加重係数:身体の組織や臓器により異なる放射線の影響度(放射線感受性)の指標となる係数 (max 1)

空間線量(シーベルト)は外部被曝で影響のないα、β線を除き、γ線量値が公表されている。
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/sokutei/sokutei.html

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/Yougo/jikkou.html

  次へ  | 表紙へ |