他の人格障害との複合
(%)   引用:「人格障害とその治療」町沢静夫 創元社

人格障害者は、多くの場合10分類を複合して持つことが多い。例えば妄想性人格障害者の59.3%が分裂病型人格障害を併せ持つ(下表と図)。

主要な人格障害 → A 分裂病質 A 分裂病型 A 妄想性 B 反社会性 B 境界性 B 自己愛性 B 演技性 C 回避性 C 強迫性 C 依存性
併せ持つ人格障害(%) ↓
A 分裂病質   - 37.5 46.9 3.1 18.8 28.1 9.4 53.1 15.6 18.8
A 分裂病型 44.4   - 59.3 3.7 33.3 33.3 18.5 59.3 11.1 29.6
A 妄想性 23.4 25   - 7.8 48.4 35.9 28.1 48.4 7.8 29.7
B 反社会性 5.6 5.6 27.8   - 44.4 55.6 33.3 16.7 0 11.1
B 境界性 6.2 9.3 32 8.2   - 30.9 36.1 36.1 2.1 34
B 自己愛性 14.1 14.1 35.9 15.6 46.9   - 53.1 35.9 10.9 26.6
B 演技性 4.8 7.9 28.6 9.5 55.6 54   - 31.7 4.8 30.2
C 回避性 21.5 20.3 39.2 3.8 44.3 29.1 25.3   - 16.5 40.5
C 強迫性 21.7 13 21.7 0 8.7 30.4 13 56.5   - 26.1
C 依存性 9.2 12.3 29.2 3.1 50.8 26.2 29.2 49.2 9.2   -

 

 

妄想性
反社会性
境界性
自己愛性

 

演技性
回避性
強迫性
依存性

|   人格とは   |    人格障害とDSM-IV     |    人格に及ぼす要因    |   人格障害の複合   |

 

 

 

 

 

 

 

.