余命を楽しむ.     2017/4 安倍

高齢の同窓会で「私たち学校の同期卒業生の中で半数が生き残るのは何年後だろか。
男性と女性でどの程度の差があるか。」という話題がでました。
本件は厚生労働省が毎年「平均余命データ」として公表しています。
「平均余命」とは現在の私たち年齢の人が半分亡くなる余命年数のことですから、まさにこの話題への答えです。
添付図にその一部を示します。図(H27年)で、
現在80歳の人たちは、男性はアト8.8年、女性11.7年で人口は1/2になります。

下記厚労省データ(H22年)によれば
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/01.html
20歳の平均余命は男性60.1年(81歳)、女性66.8年(87歳)です。
高校~大卒の間の死亡はほとんどないですから高校、大学卒業生名簿の生存者は男性はほぼ81歳で半数になるはずです。
なお、このデータの0歳児の平均余命(男79.64年、女86.39年)は平均寿命に相当します。 
余命を大いに楽しみましょう。


   戻る  TOP