お騒がせ事件 2014.7. 安倍

今年の上半期、巷のお騒がせ事件 NTVワイドショー選定 (放映時間や取材動員数で選んだらしい) は

1位: 小保方 STAP細胞騒動
2位: 野々村県会議員の号泣会見
3位: ASKA 覚醒剤
4位: 佐村河内 ニセ難聴、ニセ作曲
5位: 都会議員セクハラヤジ
6位: 片山 パソコン遠隔操作による脅迫
7位: AKB48 ノコギリ殺傷
だそうな。

私もそうですが、このランキングを見てナルホドと思うのは自分の知的レベルがワイドショーのレベルということでしょうね。 最近は、視聴率は1分刻みでチェックされていて、どのような内容になると視聴率が変化するかモニターされている。
集団的自衛権、原発再稼動、になるとチャンネルはすぐに変えられ視聴率はぐっと下がるらしい。 かくして、アンケート調査でこれらの問題が問われると「どちらとも言えない」という回答が多数を占める。 理由を問われると「情報が充分提供されていない」がまた多数を占める。 困ったものです。
でも、こんな問題はアタマが疲れる。 やっぱり、県会議員の号泣会見はオモロイ。
お笑いタレントが危機を感じて野々村クンの動作を懸命に学んでいるとか。 ホンマに思えるところがまたオモロイ。

こんな現象をいいと思いますか?
「どちらとも言えない」 (^_^) 


     TOP