ニューシティー東戸塚連絡協議会と、自治会 BeTower 6期広報 10/9/5 改

BeTower第6期理事の1人として、私の個人的見解は「自治会設置不要」です。
              -- 自治会は昔の村落共同体の名残り --
     2010/9/05改

自治会で、安心・安全に暮らせるマンションを目指せるのか
「自治会によって、高齢者、一人暮らしの方などが安心・安全に暮らせるマンションを目指す」 という言葉はよく耳にします。 
しかし、自治会がその問題にどのような貢献ができるのか、 あるいは自治会が充実してるマンションは実際に、
どのような貢献をしてきたか、具体論になると皆さんあいまいです。 せいぜいアンケート調査に基づくリスト作りです。
この程度なら管理組合だけでもできます。

日常生活に踏み込んだサポートは、プライバシー問題が関わるし、市・民生委員の範疇です。
自治会がこの問題に関与できる範囲は極めて限られています。
「安心・安全に暮らせるマンションを目指す」といいながら結局、特定の懇親会に自治会費が使われている場合が多い。

超高層マンションでの 一人暮らし高齢者への対応
超高層マンションの場合、別の階へのサポートは事実上困難です。  同じ階での懇親会のほうが役立ちますし、
横浜市の場合、一人暮らし高齢者の非常時への対処として、ペンダント型の簡易型緊急通報装置が市の補助で普及しています。
複数先を登録すれば簡単に連絡できるので、フロント、管理センターや、離れた家族に直ちに通報できます。
本人がその気になればこの機器で一人暮らしによる悲劇は防げますし、自治会に頼るよりもはるかに確実です。
一人暮らしの私の母親がこれを使用し重宝しました。 (その後、改良、仕様変更されているようです。)

コミュニケーションとは何か 自治会の誤解
現在自治会があるマンションでも、「自治会がなくても市からの広報誌配達は管理会社を通じてできます」と一言添えて
無記名アンケート調査したら半数以上は自治会不要の答になると思います。
それに、マンション内のコミュニケーションを深めるための同好会は、自治会などに頼らず、掲示板を活用して囲碁、ゴルフ、
料理教室など、 自由に同好の士を集めて楽しめばいいと思います。 Communication の接頭辞「 Co-」 は、
Company, Communism, Cooperation などと同じく「相互」を意味します。 自らも発信せずしてコミュニケーションは成り立ちません。

隣の「パークヒルズ」は933戸のニューシティ東戸塚最大の管理組合です。ここは自治会がありませんが、
みどりの会、子供会、文庫の会、ゴルフの会、囲碁の会、などの同好会があり、それぞれ自主的に運営しており、理事会とも連携しています。

牢名主に牛耳られる危険性
現在でさえ管理組合の役員になる希望者が少ないのに、さらに自治会の役員を募集したら早晩人材が尽きて
特定の人物が組織を牛耳る可能性大です。 そして自治会費の多くは特定の懇親会や特定の寄付に使われてしまいます。
この問題は近隣マンションの一部でもすでに生じています。

小さな親切、大きなお世話
私は友人に声かけて呑み会やったり、騒ぐのは大好きです。 しかし、
個人生活を満喫してる人に対してまで自治会加入を勧誘して会費を徴収する行為は「悪」と思うし、
BeTower住民にそのような「小さな親切、大きなお世話」の行為をさせたくありません。

自治会推進派の最大の問題点
住民の中には「マンションの良いところは近隣との煩わしい付き合いがなく、個人生活が楽しめること」 という
個人生活重視の方も多い。 自治会推進派の最大の問題点は、これらの住民感情を全く無視していることです。 
自治会参加は自由、と言いながら、近隣マンションの例のように戸別訪問で「加入しないと市からの情報が得られませんよ」と
偽りの勧誘をして、ようやく加入率を過半数に維持する 自治会なんて、どんな意味があるのでしょうか。
この訪問勧誘は、どこか新興宗教の勧誘に似ています。 

淡路島の例
阪神淡路大地震の際、淡路島での犠牲者は本州側に比べて少なかった。
その理由は隣組の結びつきが強く、隣の爺さんが自宅のどの部屋に寝ているかも互いに知っていた。
だから救助も早かったらしい。
この結びつきを「是」とするか、 いや、そんなプライバシーまで知られてたまるか、という感覚を「是」とするか、
どちらの感覚を持つかは個人の価値観の問題であり、 どちらが正しいかなどの判定はできません。 両者とも正しいのです。
ですから100%加入を目指した会費徴収型の自治会なんて必ずや多くの不満がでるし、
勧誘などすべきでないと私には思えます。

欧米の例
欧米やオーストラリアでは地域コミュニテイが数多くあります。 これらはボランティアが自主的に組織したもので、
マンション管理組合などの法に基づく組織が設立することはしない。
もちろん、「加入しないと市からの情報が入らない」などの偽り情報で加入勧誘などしない。
参加するも自由、やめるも自由の地域コミュニティです。
中産階級の人たちは、この地域コミュニテイを通じて 1)趣味の集まりと、2)ボランティア活動、
の2つの活動を しているようです。 日本の自治会、町内会とは似て非なるものです。

地域結びつきの希薄化は悪か
昨今、超高齢者の消息不明が続出し、地域の結びつきが希薄になったと指摘されていますが、
年金ネコババ犯罪さえ防げば地域結びつきの希薄化は問題にあたらず、と思います。
個人主義が徹底してる欧米では、 一人住まいの人が誰にも気づかれないまま亡くなるのは日常茶飯事。
そんなこと新聞にもでないし問題にもならないようです(欧米の個人主義は少々極端ですが)。 でも、
私は下記の意見に賛成するものです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100209/212690/?P=1&rt=nocnt

自治会があっても加入率は70%程度
自治会設立にからんで近隣マンションの多くのメール友人に聞き取り調査をしましたが自治会不要論が多いことが分かりました。
自治会があるマンション住民の多くも戸別訪問勧誘で、近所づきあい上やむを得ず加入したり、あるいは
「市からの連絡は自治会を通じてくるから」という誤解で加入してる人が多い。
それでも戸別訪問勧誘して、やっと加入率70%程度のようです。
そもそも、町内会(自治会)なるものは戦前からの村落共同体の名残りで日本固有の習慣のようです。

マンションは管理組合があれば十分
戸建て住宅団地場合は管理組合がありませんから防犯、防災や地域美化のために町内会は必要ですが、
マンションでは管理組合があれば十分です。
自治会(町内会)は個人の自由を阻害した昔の村落共同体の名残りであり、私は全体主義を連想してしまいます。
マンションは多様な価値観を持つ住民が共存する場所であって そのためにも、相互のつながりは最小限にとどめるべきと思っています。
自治会はその思想に反します。

それでも自治会を作る場合
最低限
・戸別訪問勧誘はしない。 ・会費徴収はしない。
の2条件を守って欲しいものです。 会費は小額だから・・・ という意見がありますが小額か否かは主観の問題です。
隣のタワーズシティ1st では実際に会費ゼロ(ただし、資源ゴミ回収収入は自治会に寄付)で運営しています。
一時期、会費徴収をしようとしたが会費集めの役割を引き受ける人が誰もいなかったようです。

以上、「私の個人的見解」です。

BeTower での自治会設置の討議と結論
21年10月のBeTower理事会で副理事長より前期理事会からの引継ぎの議案が提出され、討議した結果を下に示します。

   21年10月理事会での議論


 ニューシティー東戸塚連絡協議会と自治会 (2010/9/5現状) BeTower 6期広報

ニューシティ東戸塚連絡協議会とは、セイビ社が管理するニューシティ東戸塚の全マンション群 12組合+全街区組合+セイビ以外の1組合=14の自治会(町内会)と管理組合 の住民のつながりの場として構成している連絡協議会です。

  管理組合数  ( )内 商店を除く 世帯数
自治会として参加 タワーズシティ1st(217)、 並木坂(南の街1~4号)(264)、 南の街5号館(78)、
れんが坂(南の街6~8号)(96)、 東の街(232)、
        光の街(※)、
自治会がなく管理
組合が参加
BeTower(326)、 ル・パルクシェル(335)、 パークタワー(348)、 パークハウス南の街(119)、
パークハウス丘の街(112)、 パークヒルズ(933)、 アーバンハイツ丘の街(78)
不参加 クレール丘の街(171)
合計 13 世帯数合計 3309 内自治会がある世帯数809で、多くの場合、その約70%の住民が自治会に加入しています。
(※)光の街は、東戸塚駅の西、川上町にあるマンションで昔はセイビが管理していたが今は離脱。

上の図と表で赤字は自治会のあるマンションです。
上の表が示すように、連絡協議会の中で自治会があるのは13組合のうち5組合、世帯数比約24%です。 自治会がある組合では、多くの場合、世帯の約70%が自治会に加入しています。 
自治会があるマンション上図 赤字)は、タワーズシティ1stを含め、全て20年以上昔に作られたマンションです。
この頃、セイビが管理をし易くするためにマンション入居開始時に自治会設置を勧めたのが自治会設置の背景にあったようです。
しかし、自治会を作ってもセイビの役には立たず逆の場合もあるため、自治会設置を勧めることはやめたらしい。
その後、市の広報誌をセイビで配布してくれるようになり、 約20年前にできた933の大世帯のパークヒルズでもかつては自治会設置の議論があったが、BeTower
と同じ理由で設置せず。 その後は殆ど話題にもでないとか。アーバンハイツも同じ。 その後次々できたマンションも自治会を作らず現在に至ったようです。

一方、自治会のあるマンションでは自治会廃止の動きはありません。 すなわち、マンション入居開始時に自治会があった場合はそのまま。なかった場合もそのまま。
ということらしい。 この現象の意味するところは、多くの住民が自治会に無関心ということのようです。

現在、自治会がないマンションは管理組合の理事がこの自治会の集まり「東戸塚連絡協議会」に参加しています。
上の表に示すように、中央街区4棟のうち自治会があるのはタワーズシティ1st のみで他の3棟は自治会がありません。
ル・パルクシェル、パークタワー の2つは一応メンバーに入っていますが、会合には殆ど出席していません。
BeTower は管理組合の広報担当がこの定例会合に出席しています。

この会合で、 各マンションの防災活動、お祭り、植栽などのボランティア活動、高齢者へのサポートなどの情報を互いに紹介しあいます。 
数ヶ月に1度開催され、前回は4月10日にタワーズシティ1st で開催されました。  次回連絡協議会の案内は秋頃来ると思います。

自治会があるマンションの大部分は年2400円程度の自治会費を徴収していて 住民の加入率は70%程度で加入率の低下に悩んでいるようです。
タワーズシティ1st は、自治会費用は資源ゴミ回収収入などでまかない、居住者から自治会費は一切徴収せず、同好会などの行事は全て自己負担です。
そのため自治会加入は任意ですが全員加入とのことです。 一時期、会費を徴収しようとしたが徴収役を引き受ける人がいず止めたらしい。


 

|  参考資料   |  その他の引継ぎ  |