復元ポイントについて

復元ポイントとは

「復元ポイント」とは、ある時点でのコンピューターのシステムファイルの状態を保存したものです。
これを作成しておけば、システムに何らかの不都合が生じた時に、作成した時点の状態にシステムを戻す事が出来ます。
コンピューターの内部的な部分に干渉する際には、その直前に復元ポイントを作成しておく事をお勧めします。

復元ポイントの作成および使用方法

※以下の内容は、OSが「Windows 7」の場合のものです。他のOSでは、方法が下記のものとは異なっていたり、
そもそも復元ポイントの機能自体が存在していなかったりする可能性があります。


まずは、以下の手順に従って復元ポイントの作成や使用を行えるウィンドウを表示させて下さい。

「スタート」「コントロール パネル」「システムとセキュリティ」「システム」「システムの保護」


復元ポイントは、表示されたウィンドウの「作成」から作成する事が出来ます。
その際、作成する復元ポイントに名前を付ける事が出来ます。識別のしやすい名前を付ける事を推奨します。

作成した復元ポイントは、同ウィンドウの「システムの復元」から使用する事が出来ます。
その際、存在している復元ポイントの中から使用するものを選択するのですが、
復元ポイントには、ユーザーが任意に作成したものだけでなく、
自動的に作成されるものもあるので、注意して下さい。
また、復元ポイントの保存領域が一杯の状態で新しい復元ポイントが作成されると、
古い復元ポイントは削除されてしまうので、それにも注意して下さい。
保存領域はそこまで大きくはありません。


戻る