2015/11/03 スピーチ大会 THE 5th world speech contest

特別 シンポジウム 開催のご案内
テーマ
第2回全世界スピーチコンテスト 募集中
English 中国語 ベトナム語 フィリピン語 スペイン語 ペルー中南米 ネパール語 日本語

第四回メディカルサロン 
「震災現地ボランティア報告会(2) 終了
2011年 4月24日(日)「チェルノブイリに学ぶ} 終了
12月16日(木)「ショパン コンクール」を語る 終了
10月28日(木) メディカルサロン クスリについて考える 終了
8月24日(火) 「巨大地震は必ずくる」 終了
いかにして外国人の健康を守っていくか? 終
第1回スピーチコンテスト
   English 中国語 ベトナム語 シンハラ語 スペイン語 ネパール語 日本語
 
 
全世界スピーチコンテスト 第2回
スピーチ評価フォーム プログラム 参加者原稿→ Joseph Day  R. Arima  Y.Yosimura  S.Shibano  S.Sugie  Fuku   Suzuki
 11月18日
いつもホームページをお読みになっている皆さま。
秋も深まりましたが、お元気のことと存じます。
アジア青年会では6月9日の”加藤登紀子コンサート”と11月3日の”スピーチ大会”を二大イベントとして位置づけ、熱心に宣伝活動を行い、おかげさまで、両方とも成功しました。
これも皆様のご支援のおかげと感謝しております。
6月9日には加藤さん自ら多くの方々との、、サイン活動のあとも、私たちの仲間と写真を撮ってくださり、打ち上げの労をとり、お疲れの中、楽しく、時を過ごさせていただきました。
また11月3日は約52名の参加者を得て11カ国のヤングと親しく話し合ったり東アジアの海波高しの中で、すべての参加者が、仲良く海を越えた友人として過ごせたことを心から嬉しくご報告したいと思います。
今日お送りする資料は一人ひとりがスピーチコンテストにて発表した内容を簡単にご報告致します。
読んだ後のご質問、ご指導あれば、ぜひご連絡ください。 

                               アジア青年会会長 徳田洋平

(おことわり、参加者全員ではなく、原稿入り手の方のみとなることをご了承ください。)
中国語でのご案内
ベトナム語でのご案内
スペイン語でのご案内
スペイン語でのご案内(ペルー・中南米)
フィリピン タガログ語でのご案内
ネパール語でのご案内
日本語でのご案内
チェルノブイリー命を考えるー
全世界スピーチコンテスト 第1回
                    11月3日 スピーチコンテスト大成功
 全世界スピーチコンテストは、16人の在日の外国人を含て47人の参加者があり大
 成功しました。
 審査員の阿部さん、グプタさん、カーターカーターさん、王さん、進行役の矢ケ崎さん、
 広木さん、石井さんの下、和気アイイアイの中で活発なスピーチが行われて、Mr平松(英語)
 が一位をとりました。又大震災の中国留学生の様子を話された鈴木元治氏のスピーチも参加
 者の共感を呼びました。受付や、タイマーの方々もご協力有難うございました。
 全参加者が、参加賞を手にして帰宅されました。
                                            (徳田 記)
日本語でのスピーチ          中国語でのスピーチ
    





第四回メディカルサロン
                  
テーマ : 復興の精神を考える

※ 薬剤師の立場から             スピーカー 阿部輝子
※ 放射能汚染 チェルノブイリとの比較  スピーカー 山本博文

日時 : 9月25日(日) 午後3時〜5時
  場所 : 東急スクエア11F地球市民プラザ

参加費無料
「震災現地ボランティア報告会(2)
「震災現地ボランティア報告会(1)
「チェルノブイリの事例にに学ぶ」
ショパン コンクール」を語る
グローバルジャングルを生きる
クスリについて考える
巨大地震は必ずくる 講演会
日本語でのご案内

 
English Infomation
国語でのご案内
トナム語でのご案内
シンハラ語でのご案内
スペイン語でのご案内
ネパール語でのご案内