HOME 活動方針 事務局 英会話教室  中国語入門 歴史学習会

アジア青年会

設立趣意

現代はグローバル化や通信技術の発達により「人・物・情報・資本」など様々なものが
国境を越え、移動し続けています。それによって一人ひとりの考え方も、国家や民族性を
超えて多様化し続けています。だからこそ、今、国籍・民族などにとらわれることなく一
人ひとりの個性を受容する社会への変革が必要だと私たちは感じています。

近年、わが国も国際化によって外国人の受け入れが年々増加しています。しかし、受け
入れる側の体制作りはその増加の早さについて行けず、十分に対応できているとはいいが
たい現状です。そのような状況のなか、外国人たちは困難な問題を抱えながら日々生活し
ています。

当会設立の経緯も、そのような状況にあった外国人留学生への支援活動が出発点でした。

当初活動の柱となっていたものは就労や住まい探しのサポートでしたが、次第に他にもた
くさんの問題に直面するようになりました。そしてこの状況を改善していくためには、も
っと広範な生活全般に関する総合的な支援が必要であると考えるようになりました。彼ら
の生活は経済的にも精神的にも安定しているとはいえません。アルバイトなどはなかなか
見つかりませんし、何か問題が起こったときにどこにも頼るところがないとう不安が常に
つきまとっています。

最近問題となっている外国人犯罪増加の原因の一端は、この点にあると私たちは考えま
す。その改善のために私たちは総合的な活動を広げたいと思っています。

彼らの生活基盤を安定させ、本来の目的に取り組めるような環境を作っていくことがで
きれば、その数はずっと少なくなるはずです。それと同時に、私たちの活動は日本の少子
高齢化改善にも貢献できるものと考えています。

特に日本の高齢化は世界でも他に例の無い速さで進んでおり、2015年には高齢化率
が25%台に達し、国民の4人に1人が65歳以上、2050年には高齢化が32%台に
高まる見通しです。この数字は、近い将来必ず若年労働者の不足が生じることを示唆して
います。それを解決するという意味でも。今外国人労働者を採用するということがわが国
にとって将来的に必ず大きな利益になると私たちは考えます。日本に留学、研修などで滞
在する外国人であれば、日本語を理解するということでコミュニケーションもとりやすく、
日本固有の事情についても了解が得やすいという利点があります。優秀な人材も豊富です
から即戦力になることも可能です。

今、外国人人材の雇用を考えることが将来の若年労働者不足の解消につながると思うの
です。もちろん外国人自身にとっても日本で働くということは、その後自国でその経験を
生かし貢献できるという期待もあり、望まれていることです。

今後私たちはこれまでの経験を元に、日本に住む外国人労働者、留学生の生活実態に即
した就労をさらに推進し、生活の様々な側面から総合的なサポートを拡大・充実させてい
きたいと考えております。

HOME BACK 事務局 英会話教室

アジア青年会の活動方針

<被支援者への働きかけとその目的>

長期的に実現したい目標(長期目標)と、そのために期間を区切った具体的な目標(短期
目標)、そしてその目的(短期目標目的)と手段(働きかけ)を検討し、計画的に推進して
いく。


以下、現時点での決定事項

長期目標

日本に住む外国人が安心して生活できる、多文化共生社会の実現

短期目標

外国人の生活基盤の安定

外国人が日本の習慣などを学び、日本人と交流の持てる機会を作る

経済的な余裕を作り、共生に向けての努力を促す。

情報の提供

求人情報・物件情報・公共福祉施設の情報・緊急時の避難情報・夜間救急病院の情報など

被支援者の意図の把握と理解

意図の把握

被支援者とのコミュニケーションを蜜にとりながら、常にその状況の変化に気を配り、求め
られていることを意識する。

意図の理解

習慣や文化の違いからお互いの立場の理解を進めていく。

当会の維持・改善

私たちの活動を広く社会に根付いたものにするためには、他の団体や民間企業との協力、
さらに日本に住む全ての人たちからの理解を得ることが不可欠だと考える。

よってそのためには、まず第一に、私たちは困っている外国人を助けることを目的とした、
外国人と日本人との共同の組織であることを確認する。


他の支援団体との協力

相互の協力により、支援活動の効率化を図る。

取り入れるべき要素を取り入れ、常に自分たちの考えに固執せず、改善していく。

そのためには常に若い人たちの意見を聞く。(官僚化を防ぐ) 

民間企業との協力

支援団体だけでは難しい分野は、民間の企業と協力し活動範囲を拡大する。

国や行政からの指導

法律や社会の秩序について国と行政からの指導を受け、常に偏りのない活動を意識する。

柔軟な対応

外国人に対する偏見的なイメージ払拭のため、地域コミュニティの中に積極的に外国人との
関われる環境をつくり、提供する。

具体的な活動

1.自転車リサイクル(Recycling Bike)

2.ひっこし手伝い(Relocation)

3.アルバイト・アパート紹介手伝いSide job)(Apartment)

4.英語・日本語学習指導English)(Japanese)

5.スポーツ交流促進(クリケット他)Promote Sports Exchange(Criket Etc)

HOME BACK


アジア青年会 事務局  〒193-0822 東京都八王子市弐分方町538-6 

                TEL&FAX  042-626-3708

       会長・事務局長     平 携帯電話 090-3877-3574        
      

   スポーツ交流部長     英 携帯電話 090-6164-2864

     

HOME BACK
Active English 英会話教室 (ネイティブスピーカー講師による)
多文化共生の時代に発信する英語力をつけたいあなた、いっしょに学びませんか
場  所 学園都市センター交流コーナー
(八王子東急スクエアビル11階・駅北口より5分)
時  間 毎週 木曜日 @17:00-19:00    A19:00-21:00
講  師 ネイティブスピーカー
会  費 1回 500円 
入会金 1000円
Give us a call NOW!!
目  標 英検2級程度希望
申し込み
問い合せ
アジア青年会
(Asian Youth Committee)
田島 090-6164-2864
徳田 090-3877-3574
イングリッシュクラスのテキストテキストの一部です
                HOME BACK
@Asian Discusion and A中国語を学ぼう
いろんな国の人が多様な話題で楽しく話し合いをして文化交流できる
Give us a call NOW!!
場  所 学園都市センター交流コーナー
(八王子東急スクエアビル11階・駅北口より5分)
時  間 毎週 火曜日 @Asian Discusion 18:30-19:30 A中国語入門 19:30-20:40
講  師 熟練講師とネイティブスピーカー
会  費     @1回 500円 入会金 1000円   A1回 500円 入会金 1000円
申し込み
問い合せ
アジア青年会
(Asian Youth Committee)
田島 090-6164-2864
徳田 090-3877-3574
歴 史 学 習 会
日本の歴史を世界史に結び付けて、時代の重要な分野を精選、基本的資料を用いて
の学習。平易な説明を旨に、歴史への興味と関心の増大に心がける。
場  所 学園都市センター交流コーナー
(八王子東急スクエアビル11階・駅北口より5分)
時  間        第1、第3 火曜日  18:00-19:30
共  催    歴史学習会代表 山本博文  アジア青年会代表 横内 衛
会  費    月額 800円(在日留学生は無料)
入会の問合せ先   042−622−8020 歴史学習会事務局
  042−626−3708 アジア青年会事務局
HOME BACK