HOME > 後頭下筋刺鍼

後頭下筋群刺鍼

後頭下筋群刺鍼の適応症

後頭下筋 頭痛.jpg後頭下筋群の鍼は頚肩部の症状に欠かすことができません。主に後側頚部の鍼と併用します。

・頭痛(緊張性・偏頭痛・群発性)
・眼の奥の痛み


上述の通り後側頚部の鍼と併用しますが、頭痛や目の奥の痛みに対するメインの治療筋となります。

後頭下筋群の解剖事項

後頭下筋群.png後頭下筋群とは大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋という4つの筋の総称で後正中に一番近いのが小後頭直筋、その外側が大後頭直筋、そのまた外側が上頭斜筋、一番下部にあるのが小後頭直筋で外側の3つの筋が後頭下三角を形成し、後頭骨、環椎、軸椎のいずれかに付着しています。




大後頭直筋:起始:C2横突起 停止:後頭骨 作用:頭部回旋、後屈
小後頭直筋:起始:C1後結節 停止:後頭骨 作用:頭部回旋、後屈
上頭斜筋:起始:C1横突起 停止:後頭骨 作用:頭部回旋                      
下頭斜筋:起始:C2棘突起 停止:C1横突起 作用:頭部回旋

※支配神経:第1頚神経の後枝(後頭下神経)

これら一つ一つは小さい筋肉なので大きなパワーを発揮するのではなく、重い頭を支える三脚のように、細かい動きをしたり頭の位置を保持する役割をしています。後頭下三角の深部には椎骨動脈が、そしてC2からは大小後頭神経が上行します。

後頭下筋群の刺鍼法

片側に3本、ツボでいうと上天柱、上風池・上完骨から直刺ではなく少し下に斜刺、喉に向けるように2寸鍼でうちます。風池は対側の目に向けてうつというのがありますが、深刺では危険です。大後頭孔から延髄に向かってしまいます。あくまでも後頭下筋群に刺鍼ですから絶対に下に向けましょう。また深部には椎骨動脈や後頭動脈が走行しているので、提挿や捻鍼等の手技は使わず送り込み刺法で刺入します。後頭骨に沿わせるようにうった方が効果が良いです。

東洋医学錬成塾

IMG_0018.JPG

東洋医学錬成塾 事務局  
※勉強会もここで行います。
〒924-0073 石川県白山市千代野東5-6-2 東川鍼灸院
代表:東川 博一
TEL&FAX:076-274-1330

東川鍼灸院LinkIcon

代表 東川博一 プロフィール

431974_512120448854200_215328149_n.jpg

東川鍼灸院 院長
石川県柔道整復師会会員
日本訪問マッサージ協会会員
炎の鍼灸師★養成講座 修了
キネシオテーピング指導員コース 修了

1985 鍼灸師免許取得   
1989 柔道整復師免許取得 
1990 東川鍼灸院 開院

facebook.jpg